人類はVRによって未来に一歩近づいた。

img_0246-1

 

 

 

前回VRの話をしてから1ヶ月半、入手困難だったPlayStation VRも

12月17日に再販が決定し、再度注目している人もいるのではないでしょうか?

 

 

VRと言われてもゲームのイメージが強く、

元々あまりゲームに興味がないことからそんなに着目していませんでした。

 

ですが、先日から気になるニュースがいくつか上がっているので、

私もVRの世界に踏み込んでみようと思います、、、!

 

 

 

ゲームだけじゃない、VRで出来ること

 

 

 

ポルノのライブをVRで体感

 

 

 

gatag-00000979

 

 

 

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)が

12月7日に国内のPS Store向けに配信スタートした「Littlstar VR Cinema

 

 

国内外のVRコンテンツを気軽に楽しむことが出来るVR配信プラットフォーム

「Littlstar Japan」のPS VR用無料アプリケーションです。

 

たくさんの360度映像コンテンツをすべて無料で視聴出来ます。

 

 

そんなアプリの配信スタートと共に、12/14までの1週間限定で

ポルノグラフィティが今年9月頭に横浜スタジアムで開催した野外ライブ

「横浜ロマンスポルノ’16~THE WAY~」を撮影したVR映像を、

独占先行配信することが決定しました。

 

 

 

野外ライブのVRなんてきっと迫力満点です!

最高のライブだったという声を多数見たので、体感してみてはいかがでしょうか♬

 

 

 

面倒だけど欠かせない内覧はVRで済ませる

 

 

 

gatag-00011774

 

 

 

引っ越しの際、内覧ってとても面倒ですよね。

 

まず不動産屋さんとスケジュールを合わせ、大家さんにアポを取り、

内覧しては次、といろんな土地に足を運び、1回で決まらなかった場合

なかなか時間も費用も掛かってしまったなんてこともありました、、、

 

でも見ずに決めてしまい引っ越してから後悔なんてしたくありません。

 

 

そこでイスラエルのMetanoia社がVRを活用したサービスを開発しました。

 

実際の住宅と似た3DモデルをVRHMDを被るだけで部屋の内装を見ることが出来、

家具などを自由に変えることも可能です。

 

家賃や最寄り、間取りももちろん大事ですがそれらを知るだけでなく、

その場で内覧まで出来ればとても便利だし時間と費用の削減にもなります。

 

 

わたしは前回の引っ越しで苦労したので、

このサービスが早く日本にも上陸してくれることを願います!!

 

 

 

産まれてくる前に面会出来るVR BABY

 

 

 

 

lgf01a201407231300

 

 

 

お腹の中にいる赤ちゃんは、昔は白黒のエコー写真でなんとなくしかわかりませんでした。

 

最近になり3Dで立体的な写真や動画が見られるようになりましたが、

ついにエコーとMRIデータを3Dモデルに変換し、

VRでさらにリアルに赤ちゃんを見ることが出来る技術が開発されました!

 

 

これによってお父さんお母さんが産まれる前の赤ちゃんに会えるだけでなく、

医師が使用することによって身体の以上があった際いち早く気付くことが出来るのです。

 

 

この技術を開発したのはブラジルのヘロン・ヴェルナー・ジュニア氏で

まだリオデジャネイロの診療所でしか使用されておりませんが、

いつか遠い未来私が妊娠するころにはVRで我が子を拝みたいです☆

 

 

 

VRで経験を積めば怖くない、最先端の恐怖症治療

 

 

 

img_0478

 

 

 

こちらも医療にVRを使っているという話題なのですが、

サムスンがプロモーションとして、VRデバイスを用いての恐怖症治療法を考案しました。

 

 

高所恐怖症に対しては、崖など高所の特殊なシチュエーションを体験させます。

対人恐怖症の人には、会議や面接、カラオケなどを体験させます。

 

恐怖症、トラウマなど「体験」を要因としているものに対し、

VRを用いて疑似体験を重ねることで治療を行えると注目されています。

 

 

既に蜘蛛の克服を目的としたコンテンツが一般向けに配信されています。

私もVRを使えばジェットコースターを克服できそうです🙌

 

 

 

ゲームはさらに進化

 

 

 

休止中のアトラクションはVRで復活

 

 

 

gahag-0052989999

 

 

 

なんて言ってたら出ましたジェットコースターのVRアトラクション!

富士急ハイランドの「ドドンパ」は日本最速ということもあり

とても人気なアトラクションでしたが、リニューアルのため現在休止中。

 

ですがまた乗りたいとの声が多かったようで、全天候型VRアトラクションとして

12/9に復活することとなりました!その名も「ほぼドドンパ」!(笑)

 

ホームに停車中のライドに乗り込みHMDとヘッドホンを装着するだけで

「初代ドドンパ」の絶叫体験を楽しめるのです!!!

 

ちなみにお値段は初代ドドンパの半額の500円(7~12歳なら300円)です。

 

 

絶叫が苦手な人もVRなら不安もないですし、克服できるかもしれませんね(^_^)!

 

 

 

渋谷のゲーセンがVR遊園地に!

 

 

 

mok_natukasiiufocatcher_tp_v

 

 

 

ゲームセンターだって負けてません!

 

来週の12/16に渋谷のアドアーズ4FにVRエンターテインメント施設

VR PARK TOKYO」なるものをオープンします。

 

 

この「VR PARK TOKYO」はVRを使用したアトラクションが楽しめるアミューズメント空間です。

 

ここでしか遊べない、アドアーズとグリーが共同で開発したオリジナル2機種を含む

7機種のVRアトラクションを常設しています。

 

 

現在公開されているアトラクションは、

 

  • ゴースト退治 協力型ガンシューティングアトラクション
  • リアル野球盤 対戦型アトラクション
  • 魔法の絨毯 ライドアトラクション
  • 高所脱出型アトラクション
  • シアター型ホラーアトラクション

 

などおもしろそうなものばかりです。

 

 

事前に簡易登録と予約が必要で利用時間も70分と制限されていますが、

新しいデートスポットとして盛り上がること間違いなしです!

 

 

 

ちなみに池袋にあるサンシャイン60の展望台SKY CIRCUSにも

「見るだけの展望台」から「体感する展望台」へ、をテーマに

TOKYO 弾丸フライト

スウィングコースター

という空を飛ぶことが出来るVR体験コンテンツがあります。

 

VRで遊んだあとは展望台から夜景も楽しめ、

クリスマスや年末年始休暇のデートにピッタリだと思います😊

 

 

 

 

このようにVRは生活の一部になりつつあり、どんどん身近な存在になってきました。

 

スマートフォン装着型のヘッドセットなら価格も安くすぐに購入出来ます。

 

 

これから何でもVRの世の中になれば、ドラえもんもびっくりの未来になりそうですね😎

 

 

 

 

 

 

話題のVR、そもそもVRってなんなの?知らなかったみたいなので体験させてみた。

 

 

 

 

PSVRが発売して約1週間が経ち

何かと話題に上がっている「VR」ですが…

 

社内でまだ「VR」を体験した事が無いという声が上がっていたので

体験させてみた。笑

 

 

 

 

VRで説明

 

フォトグラファー佐藤
VRって知ってますか?
副社長小野寺
知ってるに決まってんだろ。

 

PCで説明

 

フォトグラファー佐藤
思いっきりWikipedia開いてるじゃないですかwww

 

 

 

 

1 VR(仮想現実)を体験してみる。

 

 

今回使用するVRはコチラ

 

 

VRを受け取る

 

 

img_9616

 

 

VRを装着する

 

 

img_9617

 

 

img_9619

 

副社長小野寺
何コレ!?なんも見えねぇじゃん!ww
フォトグラファー佐藤
当たり前じゃないですか。まだ何もセットしてないですから。
副社長小野寺
はやくセットしてよ!!

 

 

 

 

スマホ装着型のヘッドマウントを使用

 

 

img_9629

 

 

img_9632

 

 

実際に車を運転している体験の出来る動画

 

 

フォトグラファー佐藤
スライダーにスマホをセットして装着してください!

 

 

 

 

img_9633

 

 

スライダーにスマホをセットし

 

 

VRにスマホをセット

 

 

挿入!!!!!

 

 

img_9621

 

副社長小野寺
これで本当に見えるのかよ。

 

 

 

 

img_9620

 

副社長小野寺

 

 

 

 

img_9622

 

 

ん!!!!!

 

 

img_9624

 

 

ええェエエ!!!

 

 

VRで車に乗る人

 

 

うわッァァァァア!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

img_9626

 

 

ふぅ…マジ事故るかと思った。www

 

 

img_9627

 

副社長小野寺
やべぇじゃんコレ!360度全部丸見えだよ!
フォトグラファー佐藤
言ってる事よくわからないですけど…
副社長小野寺
だから全部見渡せるんだって!
副社長小野寺
マリオカートする時体動いちゃう人の気持ち、初めてわかったわwww

 

img_9635

 

 

img_9636

 

 

img_9638

 

 

img_9640

 

副社長小野寺
家から出れなくなっちゃうねwww
フォトグラファー佐藤
そろそろ返してもらっていいですか?
副社長小野寺
ごめん戻って来れなかったわwww

 

 

 

 

 

 

2 今、注目されているVR(仮想現実)3選

 

 

 

 

dam-psvr-og

 

  • SONY PSVR 本体価格 ¥48,578(税込)

 

画像解像度 有機EL 1990✕RGB✕1080

視野角 100度

メインマシーン PlayStation 4

 

 

 

 

00-top

 

  • Oculus Rift ¥94,600(送料税込)

 

画像解像度 有機EL 1080✕1200 2枚

視野角 110度

メインマシーン Oculus Ready PC

 

maxresdefault

 

  • HTC Vive ¥107,784(税込)

 

画像解像度 有機EL 1080✕1200 2枚

視野角 110度

メインマシーン Steam VR Ready PC

 

 

価格

 

 

VRを体験したいとはいえども値段も安いって訳ではありません。

OculusRiftが送料・税込で94,600円、HTCViveで送料・税込み107,784円と海外2種は強気な価格に対してSONYのPSVRのみ税込み48,578円となっております。

 

 

ここで厄介なのがヘッドマウントを買って終わりという訳では無いのです。

VRを起動する為には、メインマシンが必要となります。

 

 

 

ポピュラーでわかりやすいのが

PSVRの場合はメインマシンがplaystation4が必要となります。

 

 

海外2種は HTCがSteam VR Ready PC、OculusRiftがOculusReady PCという

パソコンに接続して起動する事になるので、本体が必要という事もお忘れなく…

 

 

さいごに

 

 

今回VRを体験してみて思った事、スマホ装着型のVRで普段体験出来ない仮想現実に入りこむ事ができるので、ハイエンドモデルのVRは更に没入感を味わえると思います。

 

今後もVR関連の最新情報の紹介に力を入れていきたいと思います。

 

 

 

Photo by :  Genya Sato