Tres Innovation

2018年02月21日

【インタビュー】エンジニアって、世の中を便利にするヒーローだと思ってるんですよね

Pocket

 

 

 

4期目を迎えどんどんメンバーが増えてきたTres Innovationですが、

今回からSES事業で活躍してくれているメンバーを紹介していきます!

直撃インタビュー第9弾は、前回レポートした第2回エンジニア勉強会にて

クラシック音楽についての知識や情報を披露してくれた、

エンジニア兼バイオリニストという異色の肩書を持つ笠さんです!

 

2018.1.19 第2回Tresエンジニア勉強会を開催しました!

 

バイオリニストというだけでも気になりますが、あだ名は「はかせ」

キャッチコピーは「クールで毒舌なメガネ野郎」(本人談)

というなんとも興味深いエンジニアです。(笑)

では、さっそくインタビューしていきたいと思います!

 

 

 

―エンジニアという職業に興味を持ったのはいつですか?

 

 小学校3年〜4年生くらいの時に学校にパソコン室が出来て、ネットでゲームするのが楽しかったし、もともと何か作るのが好きだったので、これを2つとも掛け合わせたらもっと楽しいんじゃね?って。

 

 確かに、パソコンの授業ってゲームみたいで楽しかったですね!

 

 そうそう。だから当初はゲームを作りたかったんだけど、業務アプリもまた違った楽しみとかやり甲斐があると感じて、現在に至ります。暮らしや仕事の中でアプリによって楽が出来ることって多いでしょ?エンジニアって、世の中の誰かの何かを便利にする、ヒーローのような存在だと勝手に思ってるんですよね。もちろん、モチベーションを保つために自己満も必要だと思うけど。

 

 ヒーロー!良いですね、かっこいい!

 

 

タイピングする手

 

 

―今はどのような業務を?

 

 簡単にいうと、ECサイトをゼロから作ってます。ゼロからっていうのは、本当に何もないところからお客さんの要望を聞いたり現状得られる情報を自分で形にしたりしていく、終わりなき旅。いや、実際は終わりあるんだけど、これが出来るならあれもやりたいみたいな要望が後から後から湧いてきます。もちろん全てに答えているとキリがないから、お客さんの予算と相談しつつ、機能を追加・削除していってる感じかな。だいぶ落ち着いてきてはいるので、APIの設計をチームメンバーに依頼したり、デザイナーにサイトデザインを考案してもらったり、スケジュール組んだり、現行システムの不具合調査を改修したり、必要なことや依頼されたことをやっています。

 

 なるほど、ゼロから作るとなるとプログラミングの技術やエンジニアとしての知識だけじゃなく、ECのことも知っておかないといけないし大変ですね。でも直接意見を聞けるならその分やり甲斐も感じられそう!

 

では次は少しプライベートや過去についても聞いていきたいと思います♬

 

 

バイオリンを演奏するシステムエンジニア

 

 

―先月の勉強会後でも披露してもらいましたが、バイオリンを始めたきっかけって何ですか?

 

笠 当時ドラマ化されて人気だった”のだめ〇ンタービレ”に影響を受けた姉貴が大学でバイオリンを始めて、間近で見ていてかっこいいなと思い自分も始めました。高校時代の副担任が音楽担当だったこともあり、仮入部のつもりが気付けば楽器を握ってて、いつの間にか自分の楽器を買っている、っていう・・・。

 

 ドラマの主人公はピアノや指揮だったと思うんですけど、始めたのはバイオリンだったんですね(笑)

 

 大学の時には学生指揮者も経験しましたよ!

 

 そうだったんですね!バイオリニストとして生きていこうと思ったことは?

 

 ぶっちゃけ、楽器で生きていこうと思ってた時期もありました。だけど世間を見ると幼い頃から音楽に触れていたり、有名なバイオリニストに英才教育を受けていたり、現実的に幼い頃からやってないと難しいんじゃないかなと。それにプロになれる、音楽だけで飯を食えるのはほんの一握りの方々なので、茨の道すぎるなと思ってやめちゃいました。音大出てもプロになれるかわからないくらい競争率は高いし。

 

 そんなに厳しい世界だったんですね( ゚Д゚)!!

 

指揮者の素振りをするシステムエンジニア
 

―大学では何を学んでいたんですか?

 

 法学部法律学科バイオリン専攻ですね。。。(笑)

 

 バイオリン専攻(笑)

 

 基本は法学部で各種法律を学んでたんだけど、授業サボることが多くなって大学入って半年過ぎたあたりから本当に部活しかやってなかった!1年の時は授業に出なくても割と単位が取れちゃってたので油断しちゃって(笑)1年浪人もしていたしその間楽器が弾けなかったので、一気に欲求が爆発したんだと思います。2留することになり、親泣かせではあったんですけど、結果ここにいるので実は計算通りですね😎

 

 

―プログラミングの勉強はまた別で?

 

 プログラミングを学び始めたのは大学5年の時だったと思います。ぶっちゃけ留年1年目なので勉強に集中するべきところだけど、音楽は自制してたし、息抜きがてらネット上の無料学習サイト使ってやってましたね。もともと高校までは理系で、将来はIT関係の仕事につきたいなと思ってたので。

 

 プログラミングの勉強が息抜きになるなんて知らなかった(笑)ではなんで大学で法学部に!?

 

 その大学は両親の勧めで受験を決意したんだけど、一番偏差値が高かったのが法学部で。意外と英語や国語も良い点取れてたからいっそ文転してみようと。それに法学部って響きがかっこいいし(笑)

 

 これが頭が良い人ならではの余裕かぁ、、

 

 

―エンジニアをやっていて良かったなーと思うことはありますか?

 

 エンジニアだからというのが関係してるかは微妙なんだけど、機械やシステムのことで頼られる時ですかね。「そんなん知らんわ!」って放っておけないし、頼られるのも嫌じゃないし。

 

 そういえばこの間社内のクラウドで不具合が起こってみんなお手上げ状態だった時助けてくれましたよね!あれは本当に助かりました!!

 

 いえいえ。対応出来るのは私だけだったし、解決して感謝された時は達成感も感じましたね。SESでの業務に関していうと、そろそろ実際にシステムを製造するフェーズなので、今後もっとやり甲斐が見つけられるんじゃないかな。

 

未経験の社員にプログラミングを教えるシステムエンジニア

 

 

 

―今後エンジニアとしてやりたいことは?

 

 まずは自分が担当しているシステムを完成させること。あとは何かAndroidアプリでも作りたいですね。具体的な構想はまだないけど、先ほども言ったように、世の中の誰かの何かを便利に出来るようなもの。出来上がっている市場に殴り込みをかけるようなものではなく、参入者が少ないような、市場規模が小さいものに取り組みたいな。

 

 

―Tres Innovationとしてやりたいことは?

 

 YouTubeを積極運用したいと思ってて、社内の活動の様子だったり、ゲーム実況だったり、個人でなく法人だから出来るようなものを、みんなでやってみたい。

 

 良いですねぇ、メディア事業部としても考えていることはあるので是非一緒に進めましょう!

 

YouTubeからおすすめの動画を紹介する男性
 

―最近の癒しはありますか?

 

 休みの日はYouTubeでゲーム実況を観るか、クラシックを聴くか、映画を観るか。最近はちょっとサボり気味だけど、近くのスタジオでバイオリンの練習もしてるかな。アウトドアや旅行も嫌いじゃないけど、室内で楽しむ趣味の方が多いから基本はインドアですね。

 

 ゲーム実況が好きってことはゲームもするんですか?

 

 やりますよ~。主にPCのゲームが多いんだけど、FPSが特に好き。あとは牧場とか農業系のシミュレーションゲームも好きかな。

 

 FPS!バンバン撃ちまくってる想像出来ない!好きならいっそ笠さんがYouTuberなっちゃえばいいのに(笑)

 

 今は撮影とか動画編集に時間が使えないから、、いつか余裕が出来たらやってみたいな。

 

 楽しみにしてますね!てか、今気づいたけどメガネじゃない、、!

 

 イメチェンしました☆

 

ミーティングルームでインタビューを受けるシステムエンジニア
 

ということで、Tres Innovationではエンジニアを募集中です!

SES事業部に所属し出向しているメンバーも毎月集まって勉強会を開いたり

飲みに行ったり休日に遊んだりと、みんな仲が良いです!

そんなメンバーたちと切磋琢磨し新しい道を開拓しませんか?

気になった方は下記の記事に詳細が載っているので、ご連絡お待ちしています✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

採用情報

I hope share!この記事をシェアする