Tres Innovation

2017年07月24日

サプリメントはどの形が良いのか?形状別に徹底比較!

Pocket

 

 

 

ここ数年で、サプリメントや健康食品は数えきれない程の商品が出ております。

以前に比べて飲まれてる方も多いのではないでしょうか?

最近だと、パーソナルジムも増加しており

健康志向が昔よりも強まってると感じております。

 

そこで、多数あるサプリメントの「形状」について徹底比較したいと思います。

サプリメントの形状も目的によって選ぶとより効果的です。

 

 

 

サプリメントの形状の違いとは

 

 

サプリメントや健康食品はほとんどが以下の形状をしています。

 

・粉末
・顆粒
・錠剤(タブレット)
・ハードカプセル
・ソフトカプセル

 

 

1

 

(個人的な評価も含まれますのでご参考までに・・・。)

 

 

 

■粉末タイプ

 

 

2

 

 

粉末は、素材そのものを細かく粉砕してできているものとなります。

粉末タイプは主に青汁、スムージー等水に溶かして飲む場合に利用されます。

 

 

 

純度

 

 

粉砕してできる粉末は基本的には、純度100%です。

乾燥させてできる粉末も比較的純度は高くなります。

 

 

 

成分の変化

 

 

製造過程で高熱や高圧をかける工程が少ない為、

成分は損なわれにくくなります。

 

 

 

飲みやすさ

 

 

素材の味や風味がダイレクトに入ってくるため、

クセの強い原料の場合、味の調整が難しいです。

水には溶けやすいので溶かして飲むと飲みやすいです。

 

 

 

■顆粒タイプ

 

 

3

 

 

水解けの悪い粉末の溶解性を良くしたりする目的で、粉末を加工したものです。

薬によくあるイメージです。

 

 

 

純度

 

 

小さな粒にするために糖類などの結合剤を使って粉末を結合させるので、

多少純度が下がるのが欠点ですが他に比べて純度は高めとなります。

 

 

 

成分の変化

 

 

粉末と同様で、製造過程で高熱や高圧をかける工程が少ない為、

成分は損なわれにくくなります。

 

 

 

飲みやすさ

 

 

粉末に比べると、喉に張り付いたり粉が広がってむせる、ということも少なく、

粉も錠剤もどちらも苦手な人にはおすすめです。

 

 

 

■錠剤(タブレット)

 

 

5

 

 

世の中のサプリメントの大半が錠剤タイプと言われていますが、

メリットは何といっても扱いやすさです。

 

 

 

純度

 

 

錠粒にするために、結合剤、崩壊剤、潤沢剤などが使われるため、

そのぶん純度が低くなるのが最大のデメリットです。

自然食品から抽出した凝固剤を使っているサプリメントも多数ありますので、

錠剤タイプを購入するときは、商品裏面のラベルをチェックしてくださいね。

 

 

 

成分の変化

 

 

高熱を長時間かけることは少ないですが、高圧をかける製造工程があるので

内容成分が損なわれる可能性があります。

 

 

 

飲みやすさ

 

 

錠剤のまわりがツルツルとコーティングされている場合、

喉に引っかからずにツルッと飲めます。

 

 

 

■ハードカプセル

 

 

4

 

 

粉末や顆粒を、ゼラチンやセルロースなどの可食カプセルに入れた物です。

 

 

 

純度

 

 

中身は粉末や顆粒なので、純度が高く成分が損なわれにくいのもメリットです。

 

 

 

成分の変化

 

 

製造過程で高熱や高圧をかける工程が少ない為、成分は損なわれにくくなります。

またカプセル被膜により、空気から保護されるため内容成分が安定します。

 

 

 

飲みやすさ

 

カプセルに閉じ込めていることで、風味や苦みの強いクセのある原料でも

味を気にせず飲むことができます。

 

 

 

■ソフトカプセル

 

 

6

 

 

原料となる液体や粉末をゼラチンやデン粉などで包み込んだ、

お菓子のグミのような見た目です。

色や形も様々につくることでき、女性用の美容サプリに多く使われています。

 

 

 

純度

 

 

内容成分の純度は高いですが、皮膜がハードカプセルより厚くなるので、

全体としてはハードカプセルより純度が低くなります。

 

 

 

成分の変化

 

 

製造過程で高熱や高圧をかける工程が少ない為、成分は損なわれにくくなります。

またカプセル被膜により、空気から保護されるため内容成分が安定します。

 

 

 

飲みやすさ

 

 

カプセルに閉じ込めていることで、風味や苦みの強いクセのある原料でも

味を気にせず飲むことができます。

 

 

 

まとめ

 

 

消費者の目線で見た場合は、「顆粒」や「ハードカプセル」が

バランスが良いのかなという印象です。

各メーカーがどんな理由でサプリの形状を決めているのかというと、

【製造時におかえる素材との相性】
【素材の含有量と飲みやすさのバランス】

【製造コスト事情】

【ターゲット層】

等を考慮して形状を選択しております。

 

サプリメントを選ぶ際は、成分や素材を比較するのと同様に、

どんな形状が自分にあっているのか意識する事で、

より上手にサプリメントを取り入れることができると思います。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

I hope share!この記事をシェアする