Tres Innovation

2017年07月10日

知っておくと便利なExcelの使い方~初級編~Vol.2

Pocket

 

 

 

こんにちは

相変わらず北海道で活動中の小野寺です。

 

以前、知っておくと便利なExcelの使い方~初級編~

というブログを書かせていただきました。

今回はそのExcelの使い方Vol.2という事で、

”よく使うショートカットキー”について書きたいと思います。

 

 

便利なショートカットキー

 

 

 

コピー

 

 

 

名称未設定-1

 

 

通常コピーをするときはコピーしたいセルに合わせて右クリックをする事で、

上記の様に項目が出てくるのでコピーを選択すると

合わせているセルの内容をコピーする事ができます。

 

 

コピーのショートカットキー

 

・Windowsの場合

Ctrl+C

 

・Macの場合

Command + C

 

 

 

ekuse

 

 

コピーされているときはコピーしたセルが点線で囲われるのでわかりやすいです!

 

 

 

ペースト(貼り付け)

 

 

 

2

 

 

コピーしたものをペーストするときのショートカットキーは

 

・Windowsの場合

Ctrl+V

 

・Macの場合

Command + V

 

 

 

切り取り

 

 

 

切り取りはコピーと違い選択したセルの情報を文字通り切り取りするので、

ペーストをすると元のセルの情報はなくなります。

 

 

切り取りのショートカットキー

 

・Windowsの場合

Ctrl+X

 

・Macの場合

Command + X

 

 

 

一つ前に戻る

 

誤ってセルの中身を変えてしまったり消してしまったり、よくあると思います。

そこで一つ前の状況に戻す、ショートカットキーもあります。

自分はこのショートカットキーをよく使います。

 

 

一つ前に戻すショートカットキー

 

・Windowsの場合

Ctrl+Z

 

・Macの場合

Command + Z

 

 

 

直前の操作を繰り返す

 

 

 

あまり使う事が自分はありませんが、新たにセルを挿入したりする時など

複数回同じ事をするときに使えるショートカットキーです。

 

 

直前の操作を繰り返すショートカットキー

 

・Windowsの場合

Ctrl+Y

 

・Macの場合

Command + Y

 

 

 

上書き保存

 

 

 

こちらはデータを保存する時に使うので覚えておくと絶対に便利だと思います。

 

 

上書き保存のショートカットキー

 

・Windowsの場合

Ctrl+S

 

・Macの場合

Command + S

 

 

 

いかがだったでしょうか?

自分もショートカットキーはよく使うのですが、

単純に作業効率もアップしますので使ってみてはいかがでしょうか?

またコピーやペーストなど一部のショートカットキーはExcelだけではなく

様々な時に使えるショートカットキーになっていますので、

ぜひ使ってみてください!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

I hope share!この記事をシェアする