Tres Innovation

2017年06月28日

内定後に会長と喧嘩して内定取消しされた人の話

Pocket

 

 

 

こんばんは、前回

【インターン生紹介】ベンチャー志向の学生に見てほしい!私の就活体験記!

というブログを書いた、というか描いたほそかわです。

これから定期的にこちらでブログを書いていきたいと思います!

 

今回の記事はゲストを招いてインタビューしたいと思います。

 

 

 

就活で会長と喧嘩した男

 

 

 

f:id:hosomizu:20170531092237j:image

 

 

 

ゲストは、わたしの大学の友達F氏です。

 

 

 

f:id:hosomizu:20170531093141j:image

 

 

まずは、ゲストの簡単なプロフィールを。

 

 

 

ゲストのプロフィール

 

 

 

出身地:香川

神戸に来て三年も経つが、まだまだ 訛りが抜けない。

チャームポイント:鼻の横のホクロ。

特技:出会って2分で友達になれること。

 

 

f:id:hosomizu:20170531092628j:image

 

 

(彼は会話の至る所で うどんを、出して来ます。要潤もびっくり。)

 

 

カッコつけます。うどん県。 - http___www.my-kagawa.jp_udon-ken

 

 

 

※今回、かなり深いところまで聞いたので、

プライバシーのために、コラージュやイラストで◎

 

 

 

 

ある日F氏とダイレクトメッセージで就活の話をやり取りしていると、

 

【 俺さ、会長と喧嘩して内定1つ蹴ったよ】

 

ととんでもない話を ブッ込んできました。

「全貌を聞かせて!!」と  すぐさま取材を申し込みました。

(「今回、ブログ用に写真を撮らせてね。」とカメラを向けると、

いきなり地べたに寝転んだりとウケを狙ってる感にムショーに腹が立ったので

コラージュでスベらせおきます。)

 

 

f:id:hosomizu:20170531103753j:image

 

 

 

【壮絶】F氏の就活での出来事

 

 

 

ここからは、対談方式でお送りします↓

 

 

 

f:id:hosomizu:20170531100656j:image

 

 

私「内定取消されたところは、なんの会社やったん?」

 

F氏「営業して、ソフトウェアを売る会社!IT系やな」

 

私「さっそくなんやけど、なんで取消されるまでになったんか教えて!!!!!」

 

 

F氏「俺さ、その会社の採用4人枠くらいの中の初めての1人の内定者やってさ、

会長(80さいくらい?)と、その息子の社長と前からお世話になってた

人事の人と俺とで、4人で 会食することになったねんな。

そんで、東京行ってさ、中華食べてたんよ」

 

 

f:id:hosomizu:20170531103105j:image

 

 

私「ふんふん。」

 

F氏「でさ、 会長とは 初めて会ったねんけど、会長に、

『君はこの会社で何をしたいの?』って聞かれて、

これまでその会社の選考中にずっと言ってきたこといったねんな。

 

 

f:id:hosomizu:20170531105427j:image

 

 

【僕は、 ITコンサルの力で介護ビジネスを盛んにしたいと思っています。

介護のビジネスが盛んになったら、市場内に競争が生まれることによって、

介護の質が上がったり、安いサービス料で介護がするところも出てくると思うんですよ。】

 

って 面接とかで言ってきたことを会長にも言ったねん。」

 

私「すげー!たしかに、今は 介護する人が少ない少ない!って叫ばれてるし、

ちょっとITの力とかで介護の仕事が楽になったりして、老人ホーム間での

サービス向上や価格の差別化とか生まれそう!!!

ビジネス要素取り入れていけば、今の状況も変えれるかもしれへんな!」

(介護の現状で検索)

 

 

F氏「そうやろ!いい事言ってると思うよなぁ!!!

ほんまに、どうにかしたいと思ってるしさ!

 

やけどな、会長 めっちゃ怒りだしてさぁ〜〜、

 

『君は何をゆーてるんや!人の介護を、なんやと思ってるんや。

介護というものは、“優しさ”から成り立ってるもので、

介護とビジネスを組み合わせるなんてもってのほかや。

高齢者からお金を取るなんて【 畜生】のすることや! 』

 

って、俺さ、畜生って言われたんよ。」

 

 

 

畜生と言われた男

 

 

 

f:id:hosomizu:20170531100018j:image

 

 

私「待って!!【畜生】!ってやばくない?」

 

 

F氏「やろ?でも、ここで黙ってないのが俺やで★★!✨

 

 

f:id:hosomizu:20170531111120j:image

 

 

【この会社なんて海外からのライセンス契約切られたら終わりじゃないですか?

他社が開発したソフトウェア仲介して売るだけの会社の何が偉いんっすか?】

 

って言ってやったんねん!!!!

まぁ、言い方悪かったけど、仲介するだけじゃなくて、

自社でなんかサービス作ったりとかしたら?って提案したかったんやけど、、」

 

 

私「やべ〜〜〜〜〜おまえヤバすぎ‼️」

 

F氏「じゃあさ、会長さ、『出てく!!』って言って社長と共に、

中華料理店出ていったねん」

 

 

F氏「俺も、出ていった後に、(しくったなぁ〜〜)って、

ちょっと泣きそうやったねんけど、グッとこらえてさ。

 

 

f:id:hosomizu:20170531111428j:image

 

 

 

ま、こんな21歳の大学生の意見を真面目に受け止める会長もどうかと思うけど、

あの時上手いこと話し合わせて乗り切ったところで、

のちのちソリが合わんかったやろうし。今思えばよかったわ。笑笑 」

 

 

私(いや、めっちゃポジティブ〜〜)

 

 

後さ、、その会社の人事さん。めっちゃええ人でさ。

『君のグループディスカッション良かったよ。役割は、書記やけど、

君が話を動かしてたよね。やけど、あそこはもっとこうしたほうが良かった。』

とか、教えてくれる人でな、俺、こういう人と働きたいって思ってたもん。

それだけは、ちょっと悲しかったな」

 

 

、、、、

 

 

 

と話をしてくれました。

 

 

 

この話から学ぶこと

 

 

 

このF氏の話から、

「内定後も油断はできない」という教訓を得そうになりがちですが、

 

私は、この話から本当に学びたいことは、

F氏の【言い返す勇気】じゃないかな?と思います。

 

 

(もちろん 時には、言い返さない方がいい時もありますが、、、)

 

 

会長に畜生って言われても、嘘の自分で、会長に謝ったりせずに、

【その後の自分の人生のためにならない!】から!!と、

“言い返す”ことを選択をしたことや自分なりの価値観を持てていたことって、

私は、凄いことだと思いました。。。。

 

 

就活のみならず、人生の大切なときに自分自身の価値観を大切にできる

人間でいたいと 今回、F氏の取材をして深く思いました。

 

そして、そして、

 

彼の名言も頂きました。

 

「就活は、ゴールじゃない。人生の途中経過や。」

 

 

f:id:hosomizu:20170531113246j:image

 

どこかで聞いたような気もしないでもないですが、、これからの人生のことを、

考えて自分を貫き通すという体験をしたF氏 が言うと重みが違いますね。

 

 

ちなみに、

彼は、既に他で内定を頂いたみたいです。良かったですね。

 

 

f:id:hosomizu:20170531111927j:image

 

 

 

余談

 

 

 

今日は、緑が多い神戸 東遊園地で、

神戸のパンを買いより、スープを飲みながら 取材をしました。

 

外なので当然、虫も多く、、、

 

取材中、知らぬ間に 蟻で埋め尽くされたパン!!!!!

 

もったいないと思っていたら、

 

 

 

お構いなく蟻のついたパンを 食べた  F氏。

「俺、食べ物粗末にしないんだ〜」と。

 

計り知れない彼の何かをみた気がしました。

 

 

 

以上です。

 

 

 

良ければ個人ブログも開設しているのでそちらも見てみてください!

http://hosomizu.hatenablog.com/

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

I hope share!この記事をシェアする