Tres Innovation

2017年06月26日

ECサイト始める前に読め!ショッピングカート徹底比較【クラウド型ASPおすすめ5選】

Pocket

 

 

 

夏に向けて毎日ジムに通ってるものの、

思ったより成果が出ずに悪戦苦闘している山田伸一です。

 

 

そろそろ日焼けもしていかないと!(笑)

 

 

最近、新規立ち上げのお話を伺う機会を多かった為、

ショッピングカートを選定する上で考えるべきポイントを

幾つかご紹介させて頂きます。

 

 

 

ショッピングカートの種類と特徴

 

 

 

ショッピングカートの種類は、

  • パッケージ型
  • オープンソース型
  • クラウド型ASP
  • 低価格ASP

の4つにわける事ができます。

 

 

01

 

 

1,パッケージ型

 

 

2

 

 

 

「特徴」

 

ECショッピングカートシステム(受注システム/顧客管理システム/CMS等)を

購入し、カスタマイズして構築できるショッピングカートです。

 

 

「メリット」

 

自社専用の独自性の高いショッピングカートシステムを構築する事ができます。

 

 

「デメリット」

 

導入コストが高く、システムのバージョンアップがあった際に、

自己責任での対応となり、コストもかかってしまいます。

 

 

「分かりやすい例」

 

一戸建てを購入して住むイメージです(笑)

 

 

「どんなECサイト向きなの?」

 

月商1億を超える大規模なECサイト向きです。

 

 

 

2,オープンソース型

 

 

3

 

 

「特徴」

 

ECショッピングカートシステム(受注システム/顧客管理システム/CMS等)を

購入し、カスタマイズして構築できるショッピングカートです。

パッケージ型と違う点は、

無償で提供(オープンソース)されているショッピングカートとなります。

 

 

「メリット」

 

無償で提供されているカートを利用するので、パッケージ型と比べて、

比較的ECサイトの構築が安価になります。

カスタマイズ次第で、独自性の高い機能性が得られます。

 

 

「デメリット」

 

パッケージ型と同様です。

 

 

「分かりやすい例」

 

居抜き物件の一戸建てバージョンってイメージです(笑)

 

 

「どんなECサイト向きなの?」

 

月商数千万円から1億円の中規模ECサイト向きです。

社内にい機能拡充やバージョンアップ、保守メンテナンスができるエンジニアが

いる場合は初期も抑えられる為有効で、エンジニアがいない場合外注となると

コストが高くなる為、あまりオススメはしません。

 

 

 

3,クラウド型ASP

 

 

4

 

 

「特徴」

 

ECショッピングカートシステム(受注システム/顧客管理システム/CMS等)を

購入せずに月額費用でレンタルできるショッピングカートです。

 

 

「メリット」

 

利用料金が安いです。

クラウド型ASP側でシステムのバージョンアップから、常に新しい機能等を

追加していく為、時代のニーズに応じた機能がドンドン備わっていきます。

 

 

「デメリット」

 

独自性の機能を追求したい場合等は、ほとんどのサービスが

カスタマイズできない為、不向きである。

カートによっては別途費用を支払って独自性を出すことができるクラウド型ASPもある。

 

 

「分かりやすい例」

 

ウィークリーマンションで家具が揃っている部屋を借りるイメージ(笑)

 

 

「どんなECサイト向きなの?」

 

月商数十万円~数千万円までのスタートアップから、中規模ECサイト向きです。

必要な機能をどんどん標準装備していく為、特殊なECサイトを除き

大半がこのクラウド型ASPで実現可能となります。

 

新規立ち上げでご相談を頂く場合は、

ほとんどこちらのクラウド型ASPをご提案させて頂きます。

クラウド型ASPの場合、サービス提供側がシステム等の

サポートを行っている為、運用もやりやすくなります。

 

 

 

4,低価格ASP

 

 

5

 

 

「特徴」

 

ECショッピングカートシステム(受注システム/顧客管理システム/CMS等)を

購入せずに月額費用でレンタルできるショッピングカートです。

クラウド型ASPと比べると、より費用は安く、機能面はクラウド型ASPより劣ります。

 

 

「メリット」

 

利用料金がとにかく安いです。

初心者でも使いやすく技術的なことが分からなくてもECサイトの構築が可能です。

 

 

「デメリット」

 

機能に制限があります。デザイン性などの自由度も弱いです。

 

 

「分かりやすい例」

 

利便性の悪く、ねんきの入ったシェアハウスに住んでるイメージ(笑)

 

 

「どんなECサイト向きなの?」

 

個人等の小規模向けです。とりあえずECサイトを始めたいという方には最適です。

 

 

 

クラウド型ASPオススメ5選

 

 

 

1,Makeshop(メイクショップ)

 

 

 

6

 

 

 

初期費用:2,100円~

月額費用:10,000円~

 

 

「特徴」

 

22,000店舗の導入実績があります。

ECサイトに必要な事は全て揃ってます。

YAHOOショッピングや価格.com、その他ECナビをはじめとした

数多くの大手媒体に自動出品することができ、

業界最多の31アフィリエイト業者との連携もしております。

 

サポート対応も充実しており、電話・メールサポートはもちろん、

直接レクチャーを受けられる無料セミナーもやっております。

どんなジャンルのECサイトでも対応できます。

 

 

 

2,ショップサーブ

 

 

7

 

 

初期費用:8,900円

月額費用:10,000円~

 

 

「特徴」

 

Googleショッピングや価格.com、その他ECナビをはじめとした、

数多くの大手媒体に商品を自動出品できる点です。

サポート面も充実しており、専任担当者付きの無料サポートが初心者の心強い味方です。

 

決済の種類も豊富で、話題のビットコイン決済を

いち早く導入したのもショップサーブになります。

 

 

 

3,カラーミーショップ

 

 

 

8

 

 

初期費用:900円~7800円

月額費用:0円

 

 

「特徴」

 

最大のポイントは、低価格でネットショップの運営ができる点です。

スマホ対応など、必須機能も標準で備えていてこの価格です。

 

価格が低価格の為、とりあえずカートは作っておこうという方針で

運営する場合にも向いています。

 

 

 

4,FutureShop2

 

 

 

9

 

 

初期費用:8,000円~

月額費用:15,000円~

 

 

「特徴」

 

月商数千万を超える売上げるネットショップに成長するには、

戦略性の高いプロモーションを行いリピーターを確保することが必要です。

稼働2,000店舗の実績と12年間のサポートという安心感があります。

特にアパレル商材の実績が多く、オプションで最大40枚の商品画像を登録する事ができます。

 

 

 

5,リピスト

 

 

 

10

 

 

初期費用:14,800円~

月額費用:29,800円~

 

 

「特徴」

 

リピート通販に特化したクラウド型ASPになります。

単品定期通販をやるのであれば、月額費用も安く、一番優れております。

 

 

まとめ

 

 

 

カートの種類とオススメのクラウド型ASPをご紹介させて頂きました。

少しでもご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

採用情報

I hope share!この記事をシェアする