Tres Innovation

2017年06月22日

知っておくと便利なExcelの使い方~初級編~

Pocket

 

 

 

こんにちは、北海道の小野寺です。

ビジネスシーンでは一度は皆さんも触れた事があるのではないでしょうか?

表を作ったり、文章をつくったり、グラフを作ったり・・・

 

そうです、『Excel』です。

 

本日は、便利なExcelがあまり得意ではない初心者の方のために

基礎知識などをご紹介いたします!!

 

 

 

Excelにできること

 

 

そもそもExcelって何ができるのでしょうか??

 

 

 

文章作成

 

 

マイクロソフト社から提供されている『Office』の中には『Word』もあり

文章作成する時には『Word』を使用される方も多いのではないでしょうか。

 

個人的に『Word』と『Excel』の違いとしては

画像や図表などを多く使用するときには・・・『Excle』

純粋に文章を作るときには・・・『Word』

と勝手に解釈して使い分けています(笑)

 

『Excle』にはワークシートがあり、シート毎に名前を付ける事ができます。

項目別にワークシートを使用する事で整理整頓され見やすい文章が作成できるのです。

 

 

 

表作成・表計算

 

 

『Excle』には、関数といわれる機能があります。

 

この関数を使うと現在の日付を表示したり、数値の最大値、最小値、合計や

平均値などの数字を計算してくれたり、URLをリンク付けしてくれたり

関数を入れておくだけで自動で計算やリンクしてくれるのでとても便利です。

 

 

 

グラフ作成

 

 

数値化されたものをグラフにして見やすくわかりやすく、表示する事ができます。

棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフなど様々なグラフの作成が可能です。

 

 

 

実際に表を作ってみる

 

 

まず表を作るのに手っ取り早いのはテーブルです。

テーブル??と思う方も多いでしょう。

 

テーブルの作成の仕方をショートカットキーも含めてご説明していきます。

 

まず、表を作りたい範囲を選択します。

今回はB5のセルからH12のセルまで選択しております。

 

 

 

手順

 

 

①挿入タブを選択

②テーブルを選択

 

 

2

 

 

テーブルをクリックすると

 

 

4

 

 

上記表示されるので『OK』を選択

 

 

3

 

 

このように簡単に表が作成できます。

ショートカットキーを使うと手順①と②をやらずに作成する事も可能です。

 

 

 

ショートカットキー

 

 

Windows:Ctrl+T

Mac:control+T

 

 

 

実際に関数を使ってみる

 

 

Excelには様々な関数があります。

 

関数ってよくわからないし…と使っていない方もいらっしゃるかもしれませんが

実際に使ってみるとすごく簡単です。

 

その中でも実用性の高い、SUM関数の使い方をご紹介いたします!!

 

 

 

手順

 

 

5

 

 

①の合計をSUM関数を使って自動で出すことができます。

 

 

6

 

 

⁼SUM(どこのセルから:どこのセルまで)と入力。

 

 

7

 

 

Enterを押すと自動で計算してくれて合計数が表示されます。

 

その他の関数も基本的な使い方は一緒で、SUMの代わりに

 

AVERAGE”だと平均値

 

MAX”だと最大値

 

MIN”だと最小値

 

などなど、そのほかにも関数はいろいろとあります。

一回覚えてしまうと本当に簡単で便利なので、めんどくさがらずに

ひとつずつ覚えていきましょう!

 

 

 

今回は簡単に使う事のできる内容をご紹介しましたが、

次回はもっと高度な技をご紹介していきたいと思います!

 

では、また次回!!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

I hope share!この記事をシェアする