Tres Innovation

2017年05月17日

Adobe Captureでデザインがもっと楽しくなる

Pocket

 

 

 

 

 


こんにちは、そして初めまして!

3月からフロントエンドを担当している澤口です。

 


主にデザイナーから上がってきたデザインをブラウザで機能させるために
 
テキストエディタにコードを打ち込んでいます。

 


ちなみに使っているテキストエディタは「Atom」ですd( ̄  ̄)

 

 

今ではフロントエンドを担当していますが、以前Tresinnovationに入社する前はデザイナーとして勤務していました。

 

 

コーディングも楽しいですが、

デザインも奥が深くて僕は好きな仕事です!

 


そこで今回は、よりデザイナーが楽しく表現力を豊かにするためのツール

 


「Adobe Capture CC」
をご紹介( ̄▽ ̄)

 

 

悩みがちな配色ですが、このアプリが素敵な配色と出会うきっかけ
作ってくれるかもしれません。

 

 

 

Adobe Capture CC

 

 

 

 

 

 

Adobe CCで使用可能 モバイル専用のAdobeアセット生成アプリ。

 

元々、提供していたモバイルアプリ
「Brush CC」「Color CC」「Hue CC」「Shape CC」
一つのアプリに集約されたものです。

 

スマホのカメラ機能を使って撮影した写真から
シェイプテクスチャブラシ色の抽出など、一つのアプリで
ベクターデータやカラーテーマを自分好みに生成出来ます。

 

例えば、

「今日のXXX」とか、
「今日のトランプ大統領のネクタイ素敵…」とか…

 

その日その瞬間のインススピレーションを活かせる
どこにもない自分だけのオリジナル素材として保存する事が出来る
よりクリエイティブな感性を活かせるデザイナーにとって最高のアプリです。

 

 

 

アプリをダウンロード

 

 

 

 

アプリの使い方はめちゃくちゃ簡単です。
まずは、「Adobe Capture CC」をスマホにダウンロード。

 

iOS

https://itunes.apple.com/jp/app/adobe-capture-cc/id1040200189?ls=1&mt=8

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adobe.creativeapps.gather

 

 

 

アプリを起動し、Adobe アカウントへログインしてください。
※Adobe アカウントが必須です。

 
ログインを完了する事でアプリケーションが使用可能になります。

 

こちらが「Adobe Capture CC」のUIです。

 

 

 

IMG_2936

 

表示されているのは「カラー」で生成されたカラーテーマです。

 
カラーテーマには5色まで生成する事が出来ます。

 
また、上部の項目から目的に合わせて5つの機能を選ぶ事ができ、
下部中央にある+マークをタッチする事で専用のカメラが起動します。

 

 

 

実際に撮影してみる

 

 

 

実際にアセットを生成するために
今回はカラーテーマを生成してみましょう!

 

タイトル「黄色が似合うトランプ大統領」

 

IMG_2932

 

カメラを起動すると、

リアルタイムで撮影画面からカラーを抽出してくれます。

 
リアルタイムで自動で変わってしまうので、一時的な撮影の場合でも
画面にタッチする事で撮影を静止する事も可能です。

 
また、シャッターボタンをタッチすれば撮影を行います。

 
撮影した写真はそのままスマホに保存されますし
ライブラリからの抽出も可能となっています。

 

IMG_2933

 

認識したカラーセットは撮影後、自分好みに合わせて色調整が可能です。
RGB・CMYK・LAB・HSB 各カラーモードでカラーテーマを組む事も。

 

IMG_2934

 

色を調整したら「カラーテーマを保存
保存されたテーマはAdobe CCのライブラリに保存されます。
Adobe CCのデスクトップアプリケーションで使用する事が出来ます。

 

 

 

保存したカラーテーマを使う

 

 

 

 

スクリーンショット 2017-05-16 20.52.04

 

Photoshopを起動してみると
先ほど作成したテーマが反映されました!d( ̄  ̄)
※Adobe CCライセンスを取得した方のみ表示されます。

 

こうして手軽で簡単に、そしてすぐにスウォッチとして
オリジナルのカラーテーマを活用出来ます。

 

他にもシェイプやパターンなど実用的なツールが
使えるので是非一度使って見てください。

 

 

 

 

 

 

自分の目で見て感じた色合いをどこかで表現の一つとして
使えるなんて毎日が発見ですよね!(゚°▽°)))))

 

 

 

デザイナーにとって仕事中もプライベートでもインプットは欠かせません!

 
それが手軽にインスピレーションとして形を残せるなんて…
このアプリケーションからは表現の自由を感じられます( ̄▽ ̄)

 
ぜひ、デザイナーだけじゃなく多くのクリエイターの方にオススメします!

 

 
今年も熱い夏がまもなく到来します!
僕は「浜辺とビキニ」をコンセプトに、このAdobe Capture CC思う存分活用するつもりです!

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

採用情報

I hope share!この記事をシェアする