Tres Innovation

2017年03月10日

【防災について】今、私たちに出来ること。

Pocket

 

 

 

明日は3月11日、3.11です。

 

東日本大震災から6年経ちました。

 

 

あの頃わたしはまだ京都の実家に住んでいて、揺れすらあまり感じませんでした。

しばらく経ちテレビを点けると地震速報が流れていて、、、

震度の大きさに驚き慌てて東北に住む友人たちに大丈夫か連絡しました。

次第に被害状況が明らかになっていき、自分が今いる環境と

テレビの向こうに広がる映像との違いに絶句したことを今でも鮮明に覚えています。

 

 

事故や火事などは注意を払えば未然に防ぐことが出来ますが、

天災はわたしたちには止めることが出来ません。

だからこそ、どうしたら被害の規模を抑えられるか、天災が起こった時に

どういう行動を取れば良いのかをきちんと知る必要があります。

 

 

 

そこで今回は防災について調べてきました。

自分は大丈夫、とは絶対に言いきれないので是非読んでいただきたいです。

 

 

 

災害時にすべき行動

 

IMG_9612

 

 

学生の頃は避難訓練をしましたが、もし今地震が起きたらきっと

パニックになって何をすればいいか判断出来なくなってしまうと思います。

 

なので、総務省消防庁の防災マニュアルを参考に

いざという時に適切な行動をとれるように学んでいきたいと思います!

 

 

 

屋内で地震が発生した時

 

自宅の場合、まずはテーブルの下など安全なところで身を守ってください。

キッチンは特に危ないので、無理に火を消しに行かず揺れが収まるまで待ちましょう。

 

棚やテレビなど倒れてきそうなものからは離れて、扉を開け出口を確保します。

ですが焦ってすぐに屋外に飛び出したりしないように!

 

職場やデパートなどの場合は窓際から離れて、落下物には気を付けてください。

急いでいてもエレベーターは使用してはいけません。

 

地下街の場合、火災が発生しなければ非常口も60m間隔で設置されているので

比較的安全だと言われています、落ち着いて地上に避難しましょう。

 

 

 

 

屋外で地震が発生した時

 

住宅街など広くない場所では、塀や電信柱から離れてください。

高い建物が近い場合は頭上にも注意してくださいね。

 

繁華街の場合、看板や窓ガラスが割れて落下してくることがあります。

カバンなどの荷物を頭の上に持ち、出来るだけ広い場所に避難してください。

 

水辺にいたときに発生したら、の場合は建物の3階以上の高さの場所を

目指して、の場合は上流に行ってもダメなので流れに対して直角に避難しましょう。

 

 

 

乗り物で地震が発生した時

 

運転中は急ブレーキはNG!ゆっくりスピードを落としてください。

エンジンを切り、揺れが収まったら車から降りて徒歩で避難しましょう。

 

電車やバスの場合は、荷物で頭を守り姿勢を低くして立っていた場合は

手すりや吊革につかまり転倒しないように気を付けてください。

そして勝手に行動せず乗務員の指示に従い避難しましょう。

 

 

とりあえず、倒れてくるものや落下物に気を付け頭を、身を守ること!

そして次に出口を確保することです。

 

 

避難場所については都内版ですがこちらに記載されているので是非ご覧ください!

 

東京都防災マップ

 

防災公園を知ろう

 

 

 

備えあれば憂いなし!最低限必要な防災グッズ

 

isolated-1513515_1920

 

 

もし自宅で地震が発生した際は最低限必要なものを持ち出せるように

荷物をまとめておくといざという時にとても助かります!

 

家にあるものや低価格で簡単に手に入るものをまとめてみました。

 

  • ウェットティッシュ
  • 救急箱
  • 懐中電灯
  • 毛布
  • マスク
  • カイロ
  • お菓子
  • 生理用品
  • ビニール袋
  • サランラップ
  • 紙コップ、紙皿
  • 携帯電話
  • 予備のバッテリー
  • カセットコンロ

 

などが重宝したという意見がありました。

 

ウェットティッシュは手を拭くだけでなくお風呂に入れなくても

代わりに体を拭くことが出来ることで特に重宝したそうです。

他にも避難所などではたくさんの人が避難しているので、毛布は暖をとる

だけでなく、目隠しとしてプライバシーを守ることも出来たそうで、

マスクはにおいを和らげたり感染を防ぐことが出来ます。

 

今使っていないカバンがあるのなら、家にあるこれらのグッズを詰めて

玄関の近くに置いておけばいつでも安心ですね!

 

 

 

肌で感じる!防災イベント

 

明日、代々木公園にて防災ライフフェスタ2017というイベントが行われます。

 

代々木公園は代々木第一体育館や明治神宮、NHKホールが近く

いつも様々な人で賑わっていますが、災害時には避難場所として使われます。

そんな代々木公園の施設見学やキャンプをして防災について学べるのです。

 

 

日時:3月11日(土) 10時~15時 (キャンプは11日15時~12日8時)

※荒天中止

場所:パノラマ広場

 

防災ライフフェスタマップ-thumb-500xauto-61619

 

公園へ行こう!サイト内代々木公園園内マップより

 

イベント内容

 

当日は10種類のイベントが開催されます!中には記念品がもらえるものも。

 

 

  • 防災について学ぼう!

広く知ってもらうために協賛している団体や企業が防災について教えてくれます。

 

 

  • 防災トークショー(13時~)

危機管理コンサルタント・ミッショントレーナーの浅野竜一さんが

防災に関するトークショーを行います。

 

 

  • ペット防災

ペットを避難に同行させることについて集まった人々で考えます。

 

 

  • 防災スタンプラリー

防災について学びながらスタンプを集めると記念品がもらえます。

 

 

  • ワークショップ

もしもの時、何かあった時のために日用品を手作り出来ます。

 

 

  • ブルーベリーの苗木無料配布

10時から来場者先着100名にブルーベリーの苗木がプレゼントされます!

 

 

  • 消火器ストラックアウト

水消火器を使っての消火活動がゲーム感覚で体験出来ます。楽しそう!

 

 

  • かまどベンチを使ってみよう!(12時~なくなり次第終了)

普段から使用されているベンチが実はかまどだった!?

12時~先着500名にかまどベンチで温めた豚汁が配られます。

 

 

  • 応急給水槽見学会(14時~)

災害時、給水拠点となる応急給水槽を見学することが出来ます。

参加すると先着100名に日清カップヌードルが配られます!お湯もあります!

 

 

  • 防災キャンプSHIBUYA CAMP 2017 in 防災ライフフェスタ(11日15時~12日8時)

災害時を想定し訓練!パノラマ広場にテントを張り一泊します。

今回はもう受付を終了していましたが、普段は出来ないので体験してみたいですね!

 

こちらは2016年に行われたSHIBUYA CAMPの模様です。

 

 

防災キャンプSHIBUYA CAMP 2017 in 防災ライフフェスタ

開催日時:3月11日(土)15時~3月12日(日)8時

定員:50名

受付期間:3月10日(金)10時まで(満席となり次第受付終了)

先生 : 浅野 竜一さん (危機管理コンサルタント・ミッショントレーナー)

参加費 : 5,000円(テント貸し出し代、夕食・朝食付き)

詳細:http://www.shibuya-univ.net/classes/detail/1234/

 

 

上記参考:公園へ行こう!代々木公園お知らせページより

 

 

 

今、私たちに出来ること

 

東日本大震災から明日で6年。

年月が経ち被災地の現状が報道されなくなり、たくさんあった募金箱もいつしか

あまり見かけなくなりましたが、まだまだ完全復興したわけではありません。

Yahoo!JAPANでは今年も「3.11」と検索するとひとりにつき10円が寄付されます。

 

 

FireShot Capture 229 - 3.11、検索は応援になる。|3.11応援企画 - Yahoo! JAPAN - https___fukko.yahoo.co.jp_

 

 

去年は24,662,060円も復興支援として寄付されました。

検索なら簡単に出来ます。検索するだけで助かる人がいるかもしれません。

 

 

 

日本は地震大国と言われており、近い未来に東京や関東地方で

大きい地震が起こるかもしれないという説もあります。

こればかりはほんとうに備えあれば憂いなしです、このBLOGをきっかけに

防災について考えてくださる方が増えればと思います。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

採用情報

I hope share!この記事をシェアする