Tres Innovation

2017年03月15日

ストレッチのメリットとは?オフィスで気軽にできる部分別ストレッチ17選!

Pocket

 

 

 

カラダが硬い…

開脚も90度までしか開かない…

こんなに硬いのによくスノボで怪我をしないなと最近つくづく思います(笑)

 

 

そこでストレッチに関して調べに調べた結果!

ストレッチには様々な効果がありました!

カラダが柔らかいメリットと幾つかのストレッチ方法をご紹介させて頂きます。

 

 

っとその前に私(山田)の現状確認(笑)

 

山田の実力はいかに?

 

 

足指に届けスーパー前屈

 

IMG_0130

 

まぁ~届かないよね(笑)

 

 

どこまでも広げたい気持ちがある開脚

 

IMG_0131

 

まぁ~開かないよね(笑)

 

 

背中で僕と握手

 

IMG_0133

 

もう、全く届かないよね(笑)

 

 

30代を迎える前に本気でカラダを柔らかくします!

ブログで宣言したからには、後戻りできません…スーパー頑張ります。

そろそろ本題に入りますね!

 

 

 

カラダが柔らかいと何がいいの?メリット編

 

 

IMG_0146

 

 

・基礎代謝が上がって血行が良くなる。

 

基礎代謝が上がることで消費カロリーが多くなりダイエット効果が見込めます。

また、血行が良くなることで、冷えやむくみの改善に繋がります。

 

 

・疲労回復に効果がある。

 

日常生活で溜められた疲労物質は、血液に乗って運ばれ分解されています。

血行が良くなることでカラダの循環が良くなるので、疲労回復が早まります。

 

 

・肩こりや腰痛の改善

 

カラダが柔らかいことで、関節に無駄な負担がかかりません。

 

 

・ケガの予防

 

カラダが柔らかい人ほど、スポーツ中にあまり怪我をしません。

 

 

・老化予防にもなる

 

血行が良くなることで、肌のターンオーバーの活性化などの美容効果が期待できます。

他にも様々なメリットがたくさんありましたので箇条書きで紹介しますね!

 

  • 猫背が治る、姿勢が良くなる
  • 集中力がつく
  • 精神的に余裕がでる
  • 痩せやすい
  • 熟睡できる
  • 疲れにくい体になる
  • 筋肉痛の回復が早い
  • 持久力が上がる
  • 体力がつきやすくなる
  • バランス感覚がよくなる

 

 

 

会社でやろう!部分別のストレッチ方法

 

 

 

首の疲れとコリに効く!

参考URL:https://allabout.co.jp/gm/gc/195298/2/

 

首周りは物凄くデリケートです!無理をしないように気を付けて下さいね!

始める前に深呼吸をしてリラックスして取り組みましょう。

 

IMG_0141

 

IMG_0140

 

IMG_0139

 

IMG_0142

 

 

椅子に腰掛けて、背筋を伸ばします。

ゆっくりと顎を胸に引き寄せ、首の後ろを伸ばします。

左周りで、頭を回していきます。その際、顎で鎖骨をなでるつもりで大きく回しましょう。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

 

腕から首まで伸ばす!

PC操作で疲れたらオススメです。 参考URL:https://allabout.co.jp/gm/gc/195298/3/

 

 

IMG_0135

 

IMG_0136

 

IMG_0137

 

 

 

椅子に腰掛けて、背筋を伸ばします。

右手を左の耳あたりに置きましょう。

ゆっくりと息を吐きながら右手を引いて、頭を倒します。

その状態から、左手を伸ばします。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

 

肩コリ予防!

参考URL:http://kintore-fitness.com/stretch/stretch2.html

 

 

IMG_0143

 

 

(肩から脇のストレッチ)

片腕を上げて、頭の後ろで肘を曲げた状態で、もう一方の手で指を掴みます。

ゆっくりと、指を掴んだ手を引っ張ります。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

IMG_0144

 

 

(バックスストレッチ)

四つん這いの体制から、床についた両手を前に伸ばします。

両手を動かさずに腰を後ろに引きます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

 

 

IMG_0145

 

 

(肩から脇のストレッチ)

指先を伸ばして、手を組みます。

頭の後方へ組んだ手を伸ばします。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

 

 

IMG_0147

 

 

(三角筋・後部のストレッチ)

胸の前で腕を横に伸ばし、もう一方の手で抱え込むようにします。

抱え込んだ腕を手前に引きます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

IMG_0148

 

 

(肩の外側のストレッチ)

胸の前で腕を横に伸ばし、もう一方の手で肘を抱え込むようにします。

抱え込んだ腕を手前に引きます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

 

背中ストレッチ!

参考URL:https://kaihuku.biz/exercize.html

 

 

IMG_0150

 

 

(背中と肩を伸ばすストレッチ)

両腕を上げ、片腕の肘を曲げます。

片方の手で肘を掴み、横に引っ張ります。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

IMG_0151

 

 

(背中の横側とわき腹を伸ばすストレッチ)

両腕を真直ぐ上にあげて、両手を組みます。

息を吐きながら上半身をゆっくり横に倒します。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

IMG_0153

 

 

(背中・肩・腕を伸ばすストレッチ)

両腕を後ろに回し手を組みます。

組んだ腕をゆっくり上に引き上げます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

IMG_0154

 

 

(背中・肩・胸を伸ばすストレッチ)

両足を肩幅くらい開いた状態で、壁やテーブルに手を付きます。

お尻を後ろにつきだし、頭を両腕の間に入れて、下を見ながら肩から背中を下に沈めます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

 

 

 

股関節のストレッチ!

参考URL:http://kintore-fitness.com/stretch/stretch7.html

 

 

IMG_1451

 

 

(内転筋のストレッチ)

両足を開いて、股割の姿勢になります。

お尻をゆっくりと床に近づけます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

 

 

IMG_1452

 

 

(股関節部の筋肉を伸ばしてストレッチします。)

片手で足を持ち胸の方へ引き寄せます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

 

 

 

足ストレッチ!

参考URL:http://yomogi-harikyu.com/…

 

 

IMG_0155

 

 

(ふくらはぎを伸ばすストレッチ)

立った姿勢で片方の足を一歩後ろに下げ、膝を伸ばします。

ゆっくりとかかとを床に付けます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

IMG_0158

 

 

(すねの前側を伸ばすストレッチ)

あぐらの姿勢状態から、片方の足を反対側の膝の上に載せます。

片方の手でかかとを持ち、反対の手でつま先を甲側から持ちます。

かかとを前に押し出し、つま先を手前に引きます。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

 

腰のストレッチ!

参考URL:http://kintore-fitness.com/stretch/stretch6.html

 

 

IMG_1453

 

 

(オープンスクワット)

両足を開いて膝を曲げて立ち、手を膝に置きます。

肩を前に押し出すようにします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

IMG_1454

 

 

(腰・臀部のストレッチ)

椅子に座ります。

お尻が動かないようにして、上体を捻ります。そのままゆっくりと10秒程度キープします。

終わったら交互に行いましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

オフィスでもできそうなストレッチを紹介させて頂きましたがいかがでしょうか?

昼食を食べた後は眠くなりやすいですが、ストレッチをする事で

気分もスッキリし、頭が冴えるので仕事も捗ると思います。

 

また、朝起きてすぐにストレッチすることもオススメします!

朝早くからストレッチを行う事で、代謝量が上がっている状態のまま

一日を過ごす事ができるので痩せる事にも繋がります。

 

一石二鳥どころか何鳥にもなるストレッチ、皆さんも始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

採用情報

I hope share!この記事をシェアする