Tres Innovation

2017年03月06日

【オンライン集客】と【オフライン集客】二つの種類について!!

Pocket

皆さん、こんにちは。

本田です。

 

もう今年も3月に入り、あっという間に2ヶ月が経ちましたね。

 

私事ではございますが、今月で29歳になります!!

前回のブログでも書きましたが、2歳の子供がいるパパです。

 

 

では、本題の【集客】について

見込み客を集客するための方法が、大きくわけて

 

〝オンライン集客〟〝オフライン集客〟の二つになります。

 

今回は、

この集客がどのように違うのか、

どのようなものがあるのか、

簡単にご説明させていただこうと思います。

 

 

 

オンライン集客

 

honda1

 

 

オンライン集客とは、簡単にネットを使用した集客になります。

 

例えば、

GoogleやYahooを使った広告

Facebook、Twitterの広告

上記は、ネット広告(有料広告)の代表手法となってます。

 

この広告の良いところは、出稿して表示されるだけでは料金は掛からず、広告文やバナーをクリックされた時だけに広告費用が掛かるので、非常に費用対効果が出やすく、地域やスマホ、PCと選択が出来たり、配信時間なども細かく設定することも可能なので、効果を上げやすくなってます。

 

その他にも、

無料で活用できる【SNS戦略】があります。

 

 

 

ブログ

 

ブログ集客とは、PC、モバイル、タブレット端末からインターネット経由でブログサイトに集客することです。

ブログ集客は、サイトのトラフィックを増やす手段として最も有効です。
定期的にブログ記事を公開・更新し、新規・リピータートラフィックを集めながら、ブログ集客していきます。

 

 

 

Twitter

 

twitterは、自分のホームページやブログにアクセスを集めるためのツールとして利用することができます。twitterのつぶやきや、プロフィールページにURLを貼っておくことでtwitter上から上手く誘導することが可能になります。

 

 

 

Facebook

 

WEB集客において、Facebookの活用は今や避けて通れない施策です。

Facebookページでは、自社に関心をもって登録してくれた「ファン」が、投稿にいいね!やシェアをしてくれることによって、そのファンの友人へと投稿が拡がり、そこからさらに…というかたちで、リーチを増やしていくことができるしくみになっています。

 

 

 

LINE@

 

LINE@は、LINEユーザーを対象に、主に企業や店舗、アーティストなどが、公開で運用するLINEのサービスで、メルマガ的な使い方もできます。
今やメールはほとんど読まないというLINEユーザーにも確実に届くので、店舗などではメールよりも効果が高いということで、これまでも有料でサービス提供されていました。

 

 

 

YouTube

 

今話題の動画を使った集客。

YouTubeは、無料で世界に情報を発信できる最適なツールです。

見込み客が検索しそうなキーワードに合わせて動画を撮影し、YouTubeにアップ。そうすることで、YouTubeからWEBサイトへの流入が増やせるというものです。

 

 

 

Instagram

 

Instagramでは、投稿される美しい写真、ユニークな写真に目を留め、アカウントに興味を持っていいね!を押したり、フォローアカウントを決めるユーザーが多いです。

ユーザーがハッシュタグ検索や、検索ページで気になる写真を見つけた時、必ずといっていいほど閲覧するのが、その写真を投稿したアカウントの情報がわかる「プロフィールページ」。この「プロフィールページ」の作り方に成功すると、お店やブランドなどのビジネスアカウントは特にフォロワーを増やすことが出来ます。

 

 

 

オフライン集客

 

honda2

 

 

オフライン集客とは、オンラインとは逆にネットを使用しない集客になります。主に紙媒体で効果が見えるやり方で、このオフライン集客があってこそ、オンライン集客が活きてきます。

 

では、具体的に次のような集客方法がございます!

 

 

 

コネ・紹介

 

独立前からの人脈を利用したり、知人からの紹介で営業を行います。
起業当初から売上が見込める為独立が容易です。ですが、人脈が尽きた時点が売上げの限界になるため、他の集客と組み合わせる必用があります。

 

 

 

電話・飛び込み営業

 

営業電話や訪問営業で手当たり次第に営業を行います。エリア・業種を絞り込めば有効な手段です。
良い営業先リストがあれば営業手段として協力ですが、そうでない場合にはアポイントを取るだけでも低確率の為、人員が少ない起業段階では不向きとも言えます。

 

 

ポスティング

 

店舗付近の住宅街、マンションのポストなどにチラシを直接投函していきます。エステ店や飲食店など、割引券と組み合わせることにより効果が見込め、チラシ自体も安価で作成出来る為、人と時間があれば取り組みやすい方法です。

しかしながら、成約に至る確率は飛び込み営業と同じく低めです。チラシ自体のクオリティが低い場合、成果が出ない可能性があります。

 

 

 

ハンディング

 

駅前や店舗前の路上でビラを手渡しで配布します。
時間や場所、配布対象を選定して行うのが要所です。ただし、ビラを配る側のスキルによって受け取ってもらえる確率も変わりますので、慣れている人にやってもらう方が効果的です。

 

 

 

フリーペーパー

 

地域のフリーペーパーの広告枠に出稿します。フリーペーパーにより読者層が違う為、ターゲット客層に合ったものを選ぶと効果的です。特にオープン当初は話題作りや近隣への周知という意味で実施すると良いでしょう。

 

 

 

セミナーの開催

 

セミナーを開催しターゲット客層と直接接点を持ちます。
レンタルオフィスを経営しているのであれば、これからレンタルオフィスを探すであろう起業家向けのセミナーを開催するなど、業種によって向き不向きがあります。しかし、ターゲットを上手く設定できれば、そのまま営業につながる可能性があります。

 

 

まとめ

 

今やオンラインが中心となってきた世の中ですが、実はまだまだオフラインの信頼性が圧倒的に強いです。なので、オフラインとオンラインを上手く活用して集客するというのがポイントになると思います。

 

今回ご紹介したものが全てではありませんが、こうした方法があるんだと頭の片隅にでも置いてあることはとても重要です。

皆さんも、色々と考えながら成果が最大化する方法を手に入れましょう!

 

 

この記事を書いた人

I hope share!この記事をシェアする