Tres Innovation

2017年08月01日

【必見】3大SNSのいいねが増える魔法の時間とは

Pocket

 

 

 

先日場外乱闘を目の前で繰り広げられ巻き込まれて死ぬかと思ったわたしです☆

トペコンヒーロというリングの外にダイブする技で0.5mの距離に選手が飛んできて、

パイプ椅子もドリンクも倒れめちゃめちゃ怖かったです(;_;)

、、、が、それ以上にめちゃめちゃ楽しかったです✨プロレスっておもしろい!!笑

 

これは違う大会での写真ですが、この凄さ伝わりますか!?

 

 

IMG_9439 (1)

 

 

 

かっけー!!!人間って飛べるんだ!!!ってなりますよね😆!?

しかもこれ、手前の選手だけじゃなく奥の選手も回転しながら飛んでるんですよ!

青色のコスチュームの選手もこれから飛びます!!!(笑)

 

そろそろしつこい!と怒られそうなので本題に入りますね、、、

 

 

 

SNSの運用

 

 

 

最近弊社のブログだけでなく、TwitterやInstagramの運用をしていて

思ったより反応が薄いなぁとかこの記事の表示回数が多いのは意外だった!

など見てくれている方々の動向が掴めず、運用の難しさを痛感しております。

 

せっかく投稿しているなら出来るだけたくさんの方に見てもらいたいのが本音です。

それは企業が運営するSNSに限らず、個人のプライベート用アカウントでも同じで

たくさんいいねやコメントが来た方が嬉しいですよね(・ω・´)✨

 

 

 

各SNSの印象

 

 

 

わたしのイメージですが、Twitterは「思ったことを気兼ねなく言える場」で

喜怒哀楽全て、小さい出来事も含め何でも飾らずに投稿が出来ます。

同世代ならわかってもらえると思うのですが、前略プロフィールだったり

モバスぺ、@peps(無料HP作成サイト)などで自分のHPをつくるのが流行った頃の

リアル(呟き)のページの進化というか、延長線上だと思っています。

 

 

IMG_9264

 

 

 

そしてFacebookは「日常を見せびらかす場」だと思っています。

、、ひねくれているので言い回しが悪いのは許してやってください(笑)

わたしは正直あまり開かないのですが、この年にもなると

学生の頃の友人がいつの間にか結婚していたり子供がいたり、または

バリバリ働いて成功を収めていたり、、幸せな投稿が目立ちます。

当人にとっては日記感覚だと思うのですが眩しい投稿が多いので、

見なくなってしまったのは単純に羨ましいからですね(*_*)

 

 

IMG_9268

 

 

 

Instagramは「いかにキラキラ女子(男子)を演出するか」!!!

写真特化型なだけあって自分やごはん、コーディネートや購入品、景色など

日常の何気ない1コマをいかに良く魅せるかというミッションがある気がします。

 

最近では「インスタ映え」という言葉をよく耳にするのですが、

Instagramにアップするために、わざわざどこかへ行ったり何かを食べたり、

いかに「インスタに映える写真が撮れるか」を意識している若者が増えています。

 

 

IMG_9265

 

※これらはわたしのイメージなのでクレームは受け付けません<(_ _)>

 

 

そういった感じで、大きなくくりにすると同じSNSとはいえ趣旨が違うので

同じ写真と文章を投稿をしてもそれぞれ反応が異なります。

 

 

 

ではどうすれば表示回数やいいねが増えるのか。

本当は「投稿の質を上げる」が一番だということはわかっているのですが、

自分の首を絞めるようなことはしたくないので黙っておきます(・×・´)!

 

 

簡単に出来ることだと、

 

  • フォロー、フォロワーに限らずいろんな人にいいねを積極的にしていく
  •  #ハッシュタグ をつける
  • 目に留まりやすい写真を載せる
  • 連投は避ける

 

などがありますが、これらは当たり前だと思う方が多いと思います。

ではこれらと投稿内容以外に気をつけることはあるのでしょうか!

 

 

 

アクティブユーザー数が多い時間帯

 

 

 

人通りの多い金夜にナンパするのと電車も動いてないような平日早朝に

ナンパするのじゃ見た目うんぬん関係なく全然成果が違いますよね。

 

それと一緒でSNSも人通りが多い時間に投稿すれば自ずと表示回数は上がるのです。

ではその人通りが多い=アクティブユーザーが多い時間帯というのはいつでしょうか?

 

 

 

 

 

 

インターネットの時間別利用状況

 

 

 

ではまずはインターネット自体の時間別利用状況を、、

 

 

FireShot Capture 213 - - http___www.soumu.go.jp_iicp_chousakenkyu_data_research_survey_telecom_2

FireShot Capture 214 - - http___www.soumu.go.jp_iicp_chousakenkyu_data_research_survey_telecom_2

 

IICP情報通信政策研究所による「平成27年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」より

 

 

こちらのグラフは平成27年のものなので2年前のデータですが、

平日はまず8時代に、12時~13時のお昼時に、そして20時~23時に掛けて

インターネットを利用するパターンの方が多いようです。

学校や仕事の影響かその3つの山以外はぐんと下がっている年代が多いです。

 

そして休日は夜が特に多いですが、10~40代までは特に

おはようからおやすみまでインターネット利用率が高いです。

 

インターネット=SNSというわけではないのでこれがSNSの結果とは限りません!

 

 

 

【Twitter】時間別アクティブユーザー数

 

 

 

 

0twitter_thumb

App App LaboratoryTwitterでの告知/宣伝はこの時間がベスト!時間帯別アクティブユーザーの利用率からみえる最もシェアされる時間帯とは?より

 

 

 

こちらのグラフも2年前に集計されたものですが、

平日休日共に午前2時~6時以外はあまり差はなくまんべんなく利用されています。

Twitterは自分の呟きたいタイミングで開く人が多いのかなといった印象です!

 

なので、トレンドを追ったりハッシュタグを付けていれば

深夜以外は見る人がいるんじゃないかと思います。

 

 

 

【Instagram】時間別アクティブユーザー数

 

 

 

0insta-time

App App LaboratoryInstagramが一番利用されている時間帯は?より

 

 

 

こちらは去年集計されたグラフです、グラフの始まる時間が違うので

形は違いますが、インターネット利用時間とあまり変わらない結果でした。

Twitterと違い1日にいくつも投稿する人は少ないので、常に見る必要もなく

朝、昼、夜の3回にアクセスが集中しているのだと思います。

 

ピークは22時~23時ですが0時から急激に下降線を辿るので要注意です。

 

 

 

【Facebook】時間別アクティブユーザー数

 

 

 

0facebooktime-active-all

App App LaboratoryFacebookが一番利用されている時間帯とはより

 

 

 

こちらも去年に集計されたものです。

比較的なだらかですが、Instagramと同じようなグラフになっています。

ピークはInstagramより1時間早い21時~22時です。

 

こちらも深夜は動きがなさそうなので、投稿しても朝の他の人たちの投稿に

埋もれひっそりとタイムラインから消えてしまうことになるかもしれないです、、

 

 

 

このように、Twitterは少し特殊ですが、InstagramとFacebookに限らず

大体のSNSが朝、昼、夜の3回アクセスされていてピークは夜に迎えます。

広告発信する場合は特にこの時間帯を意識して投稿してみてください✨

 

トレンドをキャッチしハッシュタグを付けてピークを迎える少し前に投稿すれば

きっと今までより脚光を浴びることになるでしょう(*^▽^*)🎉

 

 

 

たまには真面目にそれっぽい記事書いたのでこのブログの表示回数が

いつもより多いことを願います、、、(笑)

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

I hope share!この記事をシェアする