Tres Innovation

2017年06月23日

必見!2017年注目の海外スタートアップ10選!

Pocket

 

 

 

(2017/2/23投稿) 

 

皆様、こんばんは。

Tres Innovation代表の塚本翔太です!

 

今回は出張の為、大阪からブログお届けしたいと思います。

 

 

start1

 

 

新規ビジネスを考える時って、皆さんどうされてますか?

ひらめきだったり、元々あるビジネスとビジネスをくっつけてみたり、

人によって考え方は様々だと思います。

 

自分は現在海外で流行っているビジネスだったり、

スタートアップ企業を調べたりして考えています。

 

海外で流行っているものが2~3年後に日本で流行るという風潮があるからです。

 

そこで今回は2017年に注目されている海外スタートアップをご紹介させて頂きます。

 

 

 

1.AirMap

 

 

start3

 

AirMap

 

 

飛行機のナビゲーションシステムのようなドローン版(ドローン向け空域解析/

制御システム)を提供している会社になります。

ドローンによる建物や上空での衝突事故を避ける事を目的として作られています。

 

 

 

2.Earny

 

 

start4

 

Earny

 

 

こちらの企業は簡単に説明すると、購入後に購入したストアより安く

提供しているストアを紹介してくれるサービスになります。

他のストアの方が安いことに気づき返金リクエストをするのは手間がかかります。

Earnyが提供するシステムを利用することで自動で安いストアを感知し、

購入元に通知してくれる。それによりユーザーは差額の返金を得ることができます。

 

 

 

3.Memphis Meats

 

 

stat2

 

MempMeatshis 

 

 

動物を殺傷することなく食用肉を生成することを可能にしたスタートアップ。

生成の仕方として食用の肉を動物の細胞から生成するそうです。

なんかすごいですよね。。。笑

肉は好きだけど、動物保護を掲げている人は殺傷することなく食べれるという事で

後ろめたさもなく、食べれるようになるのでとてもいいですね。

 

 

 

4.Musical.ly

 

 

start5

 

Musical.ly

 

 

音楽の動画を作成し、その動画に対して様々なエフェクトを加える事ができ、

無料の音楽も提供されており、作成した音楽PVをSNS上でシェアする事が

可能です。

2014年の10月にリリースされており、世界20か国で利用されていて、

1.3億ユーザーが登録して、なんと4000万人のアクティブユーザーがいるそうです。

 

 

 

5.Nomiku

 

 

start

 

Nomiku

 

 

調理器具、自動調理アプリ、ユーザーから集められたレシピで注目されている

スタートアップ。

アメリカの人気テレビ番組を通じ、300万ドル分のオーダーを獲得した調理用IOTデバイス。

 

 

 

(2017/6/23追記)

 

6.Zipline

 

 

Zipline - Lifesaving Deliveries - http___flyzipline.com_

 

Zipline

 

 

1でもドローン関係のスタートアップを紹介しましたが、

こちらは救急救助などに活用することを目的としたドローンスタートアップです。

今まで即時配達が難しかった地域にドローンを用いて薬やワクチンを

届ける仕組みで、ルワンダでは実際に実用経験済みでとても注目されています。

 

 

 

7.Ripple

 

 

Ripple Foods_ Nutritious Pea Milk - https___www.ripplefoods.com_

 

Ripple

 

 

非動物性のミルクをTargetやWhole Foodsを通じて販売している会社です。

日本ではまだ豆乳などしか馴染みがない非動物性のミルクですが、

Rippleのえんどう豆を成分としたミルクは牛乳の1.5倍のカルシウム、

タンパク質はアーモンドミルクの8倍含まれているスーパーミルクです。

自分も最近食事には気を付けているのでとても気になります。

 

 

 

8.Digit

 

 

Save money, without thinking about it™ - Digit - https___digit.co_

 

Digit

 

 

Digitはデジタルの貯金箱のようなサービスを提供しているスタートアップです。

銀行の口座と連動して毎日支出と収入をチェック、分析し定期的にお金を

引き落とし貯金をしてくれるというサービスで、シンプルで簡単なところが特徴です。

 

 

 

9.Hooked

 

 

HOOKED - http___www.hooked.co_

 

Hooked

 

 

チャット形式で長編小説をスマホアプリで読むことが出来るサービスです。

以前携帯小説がとても流行りましたが、そちらの現代版と言ったかたちで

チャット形式というところが身近で読書離れが進む若者でも読みやすく、

小出しに表示できるので忙しい時でも少量ずつ読むことが出来ます。

アプリは日本でもインストールが可能で既に日本語にも対応しています。

 

 

 

10.Octane AI

 

 

Octane AI I Build an Audience on Facebook Messenger - https___octaneai.com_

 

Octane AI

 

 

Octane AIは人工知能を用いたチャットボット作成のプラットフォームを

提供しているスタートアップで、Maroon5やエアロスミスなどの著名人も

FacebookMessengerを通じて活用しており、利用者数もどんどん増えています。

人工知能やチャットボットは昨年とても話題になりましたが、

開発出来るエンジニアはまだあまりいないということで注目されています。

 

 

 

最後に

 

 

新規事業を考える上で海外で流行っているものに目をつけて考える事は

とてもいいことだと思います。

 

ただ一概に海外で流行っているから

日本でも流行るという事はなく、行く行くは流行るとしても日本に浸透して

いない内にリリースなどしてしまうと理解されず、失敗になる可能性があります。

 

 

ですので、海外で流行っている事業などは日本でリリースする際はタイミングも

考えてリリースする事をおすすめします^^

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

採用情報

I hope share!この記事をシェアする