Tres Innovation

2017年07月26日

新人Webディレクター必見!!WebディレクターとWebプロデューサーの違い!!

Pocket

 

 

 

皆さん、Web(IT)業界ってどのようなイメージですか?

「チャラい」とか「横文字が多い」とか色々印象があるかなと。

 

 

ちなみに自分ではそんな事ないと思っていましたが、

私はよく「横文字が多い」と言われます。

チャラいは見た目の問題だけど、横文字は確かに多いな・・・

 

※一部を除いて、実際に言われました。

 

横文字は並べたらきりが無いのですがSEOとかUIとかユーザビリティとか

デバッグ・ディービー(DB=データベース)、モダンブラウザとかレガシーブラウザとかとかとか・・・

 

 

 

Web業界で鉄板のろくろまわし。

 

 

 

数年前は「IT業界=ろくろ」っていうキーワード流行りましたよね!?

 

Web(IT)業界のろくろ
Web(IT)業界の人が出ているインタビュー記事やコーポレートサイトなどを見るとこぞってろくろをまわすようなポーズで写っている写真があることから。
横文字が多いWeb(IT)業界の話は一般的にわかりづらいと言われている中
ボディランゲージで伝えようとする無意識的な経緯がある(諸説)

 

 

rokuro_g

 

 

 

色々なイメージのあるWeb業界ですが

今回は業界の中の人達についてフォーカスしていきたいと思います。

 

 

 

 

Web業界でのディレクターとプロデューサーの違い。

 

 

 

pd

 

 

 

Web業界って制作領域もそうですし、広告領域でもそうですけど

本当、移り変わりが早いなと常々感じます。

覚える事も大変で、単語によって微妙に意味が違ったり。。。

(WEBとwebってどっちが正しいのかとか。。。)

※WEBとwebについてはまたの機会に。

 

本当に・・・大変ですよね。

 

 

 

そもそも、私が小学生の頃は「ITベンチャー」という言葉もありませんでしたし、

「将来の夢はIT系社長になりたい!」なんて事はありませんでした。

1995年にWindows95の発売やインターネットの普及からじゃないですかね?

 

 

 

なので、親に自分の仕事を話す時、Webディレクターだよなんて言っても、

「何かよくわからないけど、頑張ってね。」と言われる始末。

 

 

 

最近でこそ日本ディレクション協会の会長中村氏が運営する

Webディレクターズマニュアルやセミナーなどディレクターの定義がされてきていますが。

 
002

 

 

 

私もあるプロジェクトにWebディレクターで参画した時に

Webプロデューサーがいて、クリエイティブディレクターがいて、

はじめてWebディレクターの立ち位置を明確に体感しました。

 

 
pd_3

 

 

 

Webプロデューサーとは?
Webプロデューサーとは、クライアントのWebビジネス/Webサイトの新規立ち上げ~制作、納品、公開後のサイトのプロモーションといった、プロジェクト全体を統括する職業です。 Webプロデューサーの仕事は、具体的にWeb制作の実作業に関わるのではなく、どちらかと言えば営業的な要素が強く、予算獲得の為にクライアントと折衝をしたり、プロジェクトを成功に導く為のリーダーとしての役割が求められます。

参照:ELITE Network 信頼できる人を信頼できる企業に「Webプロデューサーとは」

 

 

 

Webディレクターとは?
Webディレクターとは、Webサイトの制作ディレクション(指揮・監督)をする職業です。
まさにその名の通り、制作現場の監督者として、制作工程全体を見渡し、制作スタッフに指示しながら制作物の納期や品質をコントロールする役割を担っています。

参照:ELITE Network 信頼できる人を信頼できる企業に「Webディレクターとは」

 

 

 

pd_2

 

 

 

私自身も案件によって立ち回り方は異なってくるので一概には言えないですが

WebプロデューサーもWebディレクターもコミュニケーション能力はある程度ないと難しいなと。

※話せるだけではなく、聞く、把握する、実行する能力も含めて。

 

2職種の大きな違いは見る、把握する事。

人やモノを巻き込む範囲が圧倒的にWebプロデューサーの方が大きいと思います。

 

 

 

他サイトやオウンドメディアでも同じように2種類の違いについてや

Webディレクターの仕事とは何ぞやという記事はいくつかあります。
一時期、私も”営業”出身のWebディレクターや”エンジニア”出身のWebディレクター、

”デザイナー”出身のWebディレクターの動き方を勉強しようとしていましたが

Webディレクターの本質は○○出身などではなく、顧客やプロジェクトに対して

本質を捉えて、しっかりと進行出来る職種なのだと思います。

 

 

私も日々勉強中ではありますが、時代に取り残されないよう精進していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

I hope share!この記事をシェアする