Tres Innovation

2017年08月14日

【ふるさと納税で税金対策】納期期限はいつまで?初心者向け徹底まとめガイド!

Pocket

 

 

 

(2017/1/25投稿)

 

■ふるさと納税とは?

 

 

 

あなたが好きな自治体(都道府県・市区町村)を選んで寄付ができる仕組みです。

寄付をすると、自治体からお礼品(名産品)をもらうことができます。

お礼品(名産品)を通じてあらたな地域の魅力を知ることができ、

寄付したお金は地域づくりに貢献され、寄付金の一部が税金の控除として差し引きされます。

 

みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。

 

 

 

画像①

 

 

 

■基本的な流れの説明!

 

 

 

お礼品を選ぶ

寄付を申し込む(支払う)

お礼品を受け取る

確定申告をする

住民税から控除されます。

※控除がされるのは2000円を超えた分の寄付金となります。

 

 

 

確定申告が面倒な方に朗報!

その名も【ワンストップ特例制度】

 

 

 

■ワンストップ特例制度とは?

 

 

 

確定申告の不要な給与所得者等で、1年間の寄附先が5自治体までで

ふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の

寄附金控除を受けられる仕組み。

 

制度の利用には申請書の郵送が必要となります。

 

 

 

・申請書取得から郵送までの手順

 

 

 

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を手元に用意する。

《2016年:寄附についての申請書はこちら》
※ふるさとチョイス参照

 

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に記入する。

《2016年:申請書の記入例はこちら》
※ふるさとチョイス参照

 

その他必要書類を手元に用意する。

マイナンバー導入に伴って、なりすまし防止として「個人番号確認書類」と

「本人確認書類」のコピーを申請書と一緒に郵送することが必須となりました。

 

 

 

画像②

 

 

 

申告特例申請書と必要書類を自治体に郵送します。

申請書およびその他必要書類は、寄附をするたびに自治体へ郵送する必要がありますのでご注意ください。

 

申請後はどうなるの?お金は戻ってくるの?

勘違いなさらないでください!現金では戻ってきません!

翌年度の住民税が控除されます。

 

例えば、

2016年1月1日~2016年12月31日までに5万円ふるさと納税をした場合、

2017年6月以降に収める住民税に対して48,000円分が控除されます!

実際は、2000円の損失で5万円分のお礼品を頂けたことになります!

 

また自分で確定申告をする場合は、

【寄付金受領証明書】が届くのでしっかりと保管しておきましょう!

 

確定申告の際に用紙を添付する必要がありますよ。

 

 

 

■気を付けて!納税期限は、12月31日が最終期限

 

 

 

2017年度のふるさとの納税は、2017年1月1日~2017年12月31日が対象期間となります。

 

「時間あるし…年末年始にまた見てみよ~」

 

って思われた方!

ふるさと納税で人気なお米・お肉・家電は申し込みが多く、品切れになる可能性大です。

 

基本的には、お礼品を手にいれる事ができるのは、先着順です。

毎年、お礼品を見ていると11月頃には急激に品薄になります。

時間に余裕がある時にでもチェックすることをオススメします!

 

 

 

gatag-00012734

 

 

 

■どこでお礼品を探せばいいの?3つのオススメサイトをご紹介!

 

 

 

それぞれの自治体のサイトを回るのはものすごく手間です(笑)

 

様々な自治体をまとめて特集しているサイトをご紹介いたします。

楽天市場やYAHOOショッピングなどのネットショップサイトでの購入と

ほぼ変わらない形で購入できます。

ネットショップ業者もびっくりのクオリティです(笑)

 

 

 

1.ふるさとチョイス(https://www.furusato-tax.jp/)

 

 

 

画像④

 

 

 

多彩な検索機能があり、地域やお礼品での検索はもちろんのこと、ランキング、

使い道など幅広い検索機能で、希望の品が見つかること間違いなし!

 

様々な特集も行っており定期的にチェックしても面白いかもしれません。

 

 

 

2.ふるなび(https://furunavi.jp/)

 

 

 

画像⑤

 

 

 

総合ランキングからカテゴリー別のランキングまで何が欲しいか迷ったら

こちらで選んでみて!ふるなび限定の特典もあり!

 

 

 

3.さとふる(http://www.satofull.jp/)

 

 

 

画像⑥

 

 

 

鈴木奈々さんや大森南朋さんが出演するコマーシャル動画を作るなど、

PRにもすごく力を入れています。

 

 

 

 

 

 

 

さらに電話サポートも無料で利用できるので初心者でも安心してご利用できます。

電話でサポートは「03-6895-1881」にしてください。

注意は平日の10:00~17:00ということだけです。

 

さらにさらに!1月31日までですが、

Amazonギフトまたは紅ほっぺが抽選で2017名様に当たる新春キャンペーン実地中!

 

 

 

画像⑦

 

 

 

(2017/6/14追記)

 

4.ふるぽ(http://furu-po.com/ranking)

 

 

 

ふるさと納税サイト [ふるぽ] - http___furu-po.com_ranking

 

 

 

こちらは名産品等をポイントと交換出来る自治体を紹介しているサイトです。

「ポイント制」というのが特徴です。

紹介サイトなので、申し込みする際はふるさとチョイスからとなります。

 

 

 

5.ふるさとプレミアム(https://26p.jp/)

 

 

 

ふるさと納税の「ふるさとプレミアム」 - https___26p.jp_

 

 

 

なぜか猫が喋っている風になっているのが気になりますが、

サイトはシンプルで見やすいのでサクッと決まると思います!

 

 

 

■寄付し過ぎてない?寄付金の目安は?

 

 

 

先ほど、ご紹介した各サイトでも控除金額の上限目安が紹介

又は簡単なシミュレーション機能がついています。

 

寄付し過ぎは、自治体の発展の為には良い事でもありますが、

ご自身のお財布と相談して下さいね!

 

ふるさと納税 控除上限額簡単シミュレーションURLはコチラ:

http://www.satofull.jp/static/calculation02.php#sim_content

 

 

 

■選ぶならこれだ!大人気お礼品6選!

 

 

 

寒い時期はカニ鍋に限る!北海道近海産毛ガニ

 

 

 

カニミソと身がギュギュっと詰まった1尾450g~500g前後の毛ガニを

職人が塩加減抜群にゆで上げ、急速冷凍!

解凍後の味をそこなわず、ゆで上げと変わらぬおいしい毛ガニ!

 

 

 

画像⑧

 

 

 

お肉大好き!飛騨牛A5~4等級 サーロインステーキ

 

 

 

岐阜県のブランド和牛「飛弾牛」最高位A5等級!
きめ細やかな霜降りで、柔らかく濃厚な味わいです。

 

 

 

画像⑨

 

 

 

贅沢な一品!一度は味わいたい!【松阪牛】焼くだけハンバーグ

 

 

 

日本を代表するブランド名牛【松坂牛】100%で作り上げた幻のハンバーグ!
他の牛と比較しても牛脂が多い分甘く、たっぷりな肉汁が食欲をそそります。

 

 

 

画像⑩

 

 

 

超ド迫力!パナソニックハイビジョン液晶テレビ 4K対応 49型

 

 

 

高輝度パネルによりハイコントラストな映像で堪能でき、迫力ある低音を実現する
「ダイナミックサウンドシステム」を搭載!

 

 

 

画像⑪

 

 

私の犬の10の約束を見て感動したなら!犬の殺処分0にご支援を!!

 

 

 

実質的なご負担がほとんどないふるさと納税でワンコたちの命を救う!

 

 

 

画像⑫

 

 

 

もうすぐ土用の丑の日!国産うなぎ蒲焼 2尾セット

 

 

 

皮はパリッ身はフワッな上質な鰻の蒲焼きです。

写真を見るだけでご飯がすすみますね!

 

 

 

うなぎ

 

 

 

■ふるさと納税のおさらい!

 

 

 

自分自身の控除金額を把握する。

年末前ではなく、早い時期からお礼品を選定、目星を付けておく。

実際に購入する。

↓※ワンストップ特例制度を利用する場合は、必要書類を準備する

お礼品を受け取る。

↓※確定申告をする際は、寄付金受領証明書を保管しておく。

確定申告をする。

翌年の6月以降の住民税が控除されます。

 

ふるさと納税は、自治体にも自分自身にもメリットしかありません!

是非、まだ活用したことがない人は2017年活用してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

採用情報

I hope share!この記事をシェアする