Tres Innovation

2016年10月03日

「構図」を覚えるだけで上手くなれる!カンタン撮影テクニック3選!

Pocket

こんにちは!フォトグラファーの佐藤です!

 

前回に引き続き写真を魅力的に見せる構図編パート2!!!

 

今回は3種類の構図を紹介します!

 

 

 

1 風景に適した構図

 

 

 

 

 

素朴になりがちな風景画ですが、適した構図に当てるだけで

バランス良く見せる事が出来ます。

日頃何気なくみている風景も練習の的になります。

積極的にカメラを持ち出し構図の練習をしてみましょう!

 

 

 

 

二分割構図は風景に最適!

 

 

二分割構図

 

まず上下左右均等に二分割し、地上と空を分けたり
風景の境界線を分割します。構図の中では日の丸構図に続くシンプルな構図な為

トライしやすいと思います。

 

この時に注意したいのが上下のバランス

 

二分割というだけあり、綺麗に半分に分ける必要があります。

 

安定の三分割構図!黄金比にはめ込む!

 

三分割構図

 

構図の中では一番安定して魅力的な写真を撮れる構図では無いのかと思います。

 

撮りたい画面を三等分にしてどちらか一方に対象物をもってくるだけで

簡単かつバランス型の構図です。

 

ポートレートの場合、視線方向に空間を作り

撮影をするだけでストーリを感じさせる構図できます。

 

車等もヘッドライト方向を開ける事で同じ効果が得られます。

 

 

 

挟まれながら強調されるサンドウィッチ構図!

 

サンドウィッチ構図

 

上の写真は三角構図とサンドウィッチ構図の組み合わせになります。

 

上下又は左右で対象物を挟み、中心から覗かせる事で視線を集中させます。

 

サンドウィッチ構図の場合、挟む物をにボケを作る事で

被写体をより強調する事が出来ます。

 

手前で挟むのもあり、奥で挟むのもあり。

色々な物をサンドウィッチして見ましょう!

 

2 グリッドを表示させる

 

今回の構図の様な分割して表現する構図は

どうしても綺麗に分割出来ない、分割しにくいという場合があります。

 

そんな時はカメラの設定でグリッドを表示して見ましょう!

 

グリッド設定

キャノンユーザーの場合

 

img_4046

まずはmenu画面を表示します。

 

 

img_4047

 

 

img_4048

 

左から4番目のカテゴリーに移動して

 

img_4049

 

グリッドという項目があるので

ここで

「表示しない」

から

「グリッド1」

又は

「グリッド2」に設定をします。

 

 

 

img_4050

 

グリッド表示設定ができたら

この様な表示になります。

 

 

線が表示された状態で画角を確認出来るので

分割構図の時の練習に最適ではないかと思います。

 

 

慣れてきて邪魔になったら先程のmenu画面で「表示しない」と設定してください。

 

 

 

 

構図が正義という訳ではありませんが

意識するだけで見る方も自然と写真に入り込む事が出来るので、

覚えておいて損は無いと思います。

 

 

コチラの構図も参考にして

色々な構図にチャレンジしてみてください!

 

 

 

photo by :  Genya Sato

この記事を書いた人

採用情報

I hope share!この記事をシェアする