Tres Innovation

2016年10月24日

話題のVR、そもそもVRってなんなの?知らなかったみたいなので体験させてみた。

Pocket

 

 

 

 

PSVRが発売して約1週間が経ち

何かと話題に上がっている「VR」ですが…

 

社内でまだ「VR」を体験した事が無いという声が上がっていたので

体験させてみた。笑

 

 

 

 

img_96422

 

フォトグラファー佐藤
VRって知ってますか?
副社長小野寺
知ってるに決まってんだろ。

 

img_96142

 

フォトグラファー佐藤
思いっきりWikipedia開いてるじゃないですかwww

 

 

 

 

1 VR(仮想現実)を体験してみる。

 

 

今回使用するVRはコチラ

 

 

img_9615

 

 

img_9616

 

 

img_9618

 

 

img_9617

 

 

img_9619

 

副社長小野寺
何コレ!?なんも見えねぇじゃん!ww
フォトグラファー佐藤
当たり前じゃないですか。まだ何もセットしてないですから。
副社長小野寺
はやくセットしてよ!!

 

 

 

 

スマホ装着型のヘッドマウントを使用

 

 

img_9629

 

 

img_9632

 

 

実際に車を運転している体験の出来る動画

 

 

フォトグラファー佐藤
スライダーにスマホをセットして装着してください!

 

 

 

 

img_9633

 

 

スライダーにスマホをセットし

 

 

img_9634

 

 

挿入!!!!!

 

 

img_9621

 

副社長小野寺
これで本当に見えるのかよ。

 

 

 

 

img_9620

 

副社長小野寺

 

 

 

 

img_9622

 

 

ん!!!!!

 

 

img_9624

 

 

ええェエエ!!!

 

 

img_9623

 

 

うわッァァァァア!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

img_9626

 

 

ふぅ…マジ事故るかと思った。www

 

 

img_9627

 

副社長小野寺
やべぇじゃんコレ!360度全部丸見えだよ!
フォトグラファー佐藤
言ってる事よくわからないですけど…
副社長小野寺
だから全部見渡せるんだって!
副社長小野寺
マリオカートする時体動いちゃう人の気持ち、初めてわかったわwww

 

img_9635

 

 

img_9636

 

 

img_9638

 

 

img_9640

 

副社長小野寺
家から出れなくなっちゃうねwww
フォトグラファー佐藤
そろそろ返してもらっていいですか?
副社長小野寺
ごめん戻って来れなかったわwww

 

 

 

 

 

 

2 今、注目されているVR(仮想現実)3選

 

 

 

 

dam-psvr-og

 

  • SONY PSVR 本体価格 ¥48,578(税込)

 

画像解像度 有機EL 1990✕RGB✕1080

視野角 100度

メインマシーン PlayStation 4

 

 

 

 

00-top

 

  • Oculus Rift ¥94,600(送料税込)

 

画像解像度 有機EL 1080✕1200 2枚

視野角 110度

メインマシーン Oculus Ready PC

 

maxresdefault

 

  • HTC Vive ¥107,784(税込)

 

画像解像度 有機EL 1080✕1200 2枚

視野角 110度

メインマシーン Steam VR Ready PC

 

 

価格

 

 

VRを体験したいとはいえども値段も安いって訳ではありません。

OculusRiftが送料・税込で94,600円、HTCViveで送料・税込み107,784円と海外2種は強気な価格に対してSONYのPSVRのみ税込み48,578円となっております。

 

 

ここで厄介なのがヘッドマウントを買って終わりという訳では無いのです。

VRを起動する為には、メインマシンが必要となります。

 

 

 

ポピュラーでわかりやすいのが

PSVRの場合はメインマシンがplaystation4が必要となります。

 

 

海外2種は HTCがSteam VR Ready PC、OculusRiftがOculusReady PCという

パソコンに接続して起動する事になるので、本体が必要という事もお忘れなく…

 

 

さいごに

 

 

今回VRを体験してみて思った事、スマホ装着型のVRで普段体験出来ない仮想現実に入りこむ事ができるので、ハイエンドモデルのVRは更に没入感を味わえると思います。

 

今後もVR関連の最新情報の紹介に力を入れていきたいと思います。

 

 

 

Photo by :  Genya Sato

この記事を書いた人

I hope share!この記事をシェアする